2010年07月31日

森本カターニャの試合が乱闘で打ち切り

 日本代表FW森本貴幸(22)が所属するセリエAのカターニャが、MF小林大悟(27)が移籍したギリシャ1部イラクリスと対戦した7月30日(日本時間同31日)の練習試合は、両軍選手の乱闘で後半25分で打ち切られた。森本は後半から出場し、18分にはシュートも放った。カターニャは後半25分に倒されたMFバリエントスが相手選手に殴りかかって退場処分。観客も興奮状態になり、危険と判断した主審が中止を決めた。小林は出場準備中だったが、日本人対決は実現しなかった。打ち切り時はカターニャが1−0でリードしていた。


http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/f-sc-tp3-20100731-660529.html
posted by gossip at 23:44| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミケランジェロ、神の姿に解剖図の「隠し絵」

 ルネサンス期のイタリアの芸術家ミケランジェロがバチカン・システィーナ礼拝堂の天井に描いた神の絵に、脳の一部や目の神経系などの解剖図が、一見ではそれとはわからない「隠し絵」として描き込まれていることが、米ジョンズホプキンス大学の研究でわかった。専門誌ニューロサージェリーに掲載された。

 隠し絵がみつかったのは、闇と光を分ける神の絵。同大の脳外科医と医療イラストレーターが、画像をデジタル処理して輪郭などを細かく調べた。その結果、神のあごひげからのどにかけての凹凸が、中脳や延髄などが集まった「脳幹」という脳の中枢部を下から見上げた解剖図と重なった。この不自然な凹凸については、ミケランジェロの意図について専門家の間でも論議があった。

 腹部にも不自然なひだが描かれており、これは、同時期に活躍したダ・ビンチが残した目と視神経の解剖図によく似ているという。

 ミケランジェロやダ・ビンチは人体を描くために遺体の解剖を行い、医学や生物学の高度な知識を持っていた。

 ◆システィーナ礼拝堂=バチカン宮殿にある礼拝堂。15世紀に法王シクストゥス4世によって建てられた。16世紀にミケランジェロが描いた旧約聖書の9場面からなる天井画や、壁画「最後の審判」が有名。


http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20100731-OYT1T00455.htm
posted by gossip at 14:36| Comment(0) | 映画・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イタリア政府、スタジアムのフェンス撤去を検討

 イタリア政府は、各スタジアムに設置されているグラウンドとスタジアムを隔てる防御用のフェンスおよび金網の撤去を計画しているようだ。
 ロベルト・マローニ内務大臣は30日、「観客が手に届くほどの距離で選手を見られるようになるのは、われわれにとっての夢だ」と述べ、この計画が事実であることを明らかにした。

 同大臣は加えて、「この計画を実現するためには、スタジアムにおける暴力行為をなくすための対策が必要不可欠となる」と述べ、危険な行為を働くサポーターを即座にスタジアムから退去させるための治安強化を図ることを明言した。

 また、フーリガンのスタジアムへの入場を防ぎ、対戦チーム同士のサポーターを完全に分離するため、観客がどのチームのサポーターであるかを含めた身分確認を行うための“サポーターカード”導入を検討していることも明かし、プライバシーの侵害と反発が予想されるこのシステム導入の正当性および有効性を次のように強調した。

「これは人々を監視下に置くための手段ではない。善良なファンに安心して試合を楽しんでもらえるよう、サッカー観戦とはまったく関係のない意図を持った者をスタジアムに入れないための対策だ。この方法が導入されれば、スタジアム内における暴力行為を一気になくせると、わたしは確信している」


http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/headlines/20100731-00000003-spnavi-socc.html
posted by gossip at 11:36| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大戦前夜、米に「友好強化を」 ムソリーニが手書きの書簡

 米国立公文書館は30日までに、第2次世界大戦勃発6年前の1933年6月、イタリアの独裁者ムソリーニ首相がルーズベルト米大統領の就任を祝福し、2国間の「友好関係」を発展強化させるよう訴えた手書きの書簡を発表した。

 イタリアは後に日本、ドイツと枢軸国を形成し、米、英、フランスなど連合国と対決することになるが、大戦前夜の外交の一端が明らかになった。

 書簡でムソリーニは「米国とイタリアの関係はこれまでになく重要で友好的だ。今後さらに緊密で力強いものになることを確信し、そう望んでいる」と表明。さらにルーズベルトと会談し「米国とイタリアが互いに関心を抱く国際的な懸案」を協議したいとの意向を伝えた。

 ファシズム体制を築いて20年代から独裁を維持しイタリアの国際的立場を強めたムソリーニは、欧州の大国との戦争には当初消極的で、39年にナチス・ドイツの指導者ヒトラーが参戦を要請しても中立の態度をとった。結局40年6月に参戦。敗色濃厚となった43年7月に失脚し、45年4月に処刑された。


http://www.47news.jp/CN/201007/CN2010073101000145.html
posted by gossip at 10:17| Comment(0) | 政治・政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大戦前夜、米に「友好強化を」 ムソリーニが手書きの書簡

 米国立公文書館は30日までに、第2次世界大戦勃発6年前の1933年6月、イタリアの独裁者ムソリーニ首相がルーズベルト米大統領の就任を祝福し、2国間の「友好関係」を発展強化させるよう訴えた手書きの書簡を発表した。

 イタリアは後に日本、ドイツと枢軸国を形成し、米、英、フランスなど連合国と対決することになるが、大戦前夜の外交の一端が明らかになった。

 書簡でムソリーニは「米国とイタリアの関係はこれまでになく重要で友好的だ。今後さらに緊密で力強いものになることを確信し、そう望んでいる」と表明。さらにルーズベルトと会談し「米国とイタリアが互いに関心を抱く国際的な懸案」を協議したいとの意向を伝えた。

 ファシズム体制を築いて20年代から独裁を維持しイタリアの国際的立場を強めたムソリーニは、欧州の大国との戦争には当初消極的で、39年にナチス・ドイツの指導者ヒトラーが参戦を要請しても中立の態度をとった。結局40年6月に参戦。敗色濃厚となった43年7月に失脚し、45年4月に処刑された。


http://www.47news.jp/CN/201007/CN2010073101000145.html
posted by gossip at 10:17| Comment(0) | 政治・政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月30日

バチカン、ノースリーブや半ズボンお断り

 バチカン市国で、肌を露出した服装での入国が相次いで拒否された。イタリアのANSA通信が伝えた。ノースリーブや半ズボンなどの軽装は「聖なる場所」にふさわしくないとの判断と見られている。

 同通信によると、27日朝、バチカンに入国しようとしたローマ市民や観光客が、肩やひざ上の露出など「不適切」な服装を理由に、検問所で入国を拒まれた。

 バチカンではこれまで、サンピエトロ寺院の観光客に肌の露出を禁じ、入り口にイラスト入りの看板を掲げて理解を求めてきた。禁止区域拡大の理由は明らかにされていないが、バチカン筋は「気温40度近い猛暑が続き、軽装の人が増えたのを懸念したのではないか」とみる。

 法王庁のあるバチカンには、世界中からキリスト教の巡礼者や観光客が訪れる。また、バチカンの薬局は消費税を課さないため、ローマ市民の買い物客も多い。


http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20100729-OYT1T01002.htm
posted by gossip at 10:20| Comment(0) | バチカン・宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イタリア与党に分裂の危機 首相、下院議長に辞職勧告

 イタリアのベルルスコーニ首相の与党、自由国民は29日夜、緊急幹部会を開き、党ナンバー2のフィーニ下院議長の議長辞職を求める首相提案を了承した。首相と議長との亀裂は決定的となった。議長が議員50人近くを率いて離党し党が分裂すれば、政権が議会の過半数を失う可能性もあり、イタリア政局は解散総選挙含みで大荒れの様相を呈してきた。

 首相と議長はテレビ中継された今年4月の党大会で怒鳴りあった。議長は首相側近閣僚らの汚職疑惑を批判したほか、首相が進めてきた捜査当局による盗聴内容を報じた記者らに刑罰を科す法案にも反対し、議長派の議員は同法案を骨抜きにする改革案を国会の委員会で通過させた。

 激怒した首相は与党幹部会を開催。議長辞職勧告のほか、議長派議員3人を党の懲罰委員会にかけることも決めた。

 中道右派、フォルツァ・イタリアと右派、国民同盟をそれぞれ率いていた首相と議長は2008年の総選挙前、両党を合併させ自由国民を発足させた。しかし首相が総選挙後に、連立を組む分離主義政党「北部同盟」との連携を強めたことから、議長の反発を招いた。


http://www.47news.jp/CN/201007/CN2010073001000210.html
posted by gossip at 10:12| Comment(0) | 政治・政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

川島「テレビでイタリア語」初披露

 ベルギー1部リールセの日本代表GK川島永嗣(27)がペラペラのイタリア語を初披露―。8月2日放送のNHK教育「テレビでイタリア語」(深夜0時30分)に特別ゲスト出演したことが29日までに分かった。インタビューでは攻撃的GKの原点を初めて明かした。

 リールセの入団会見を流ちょうな英語で行った川島が、今度はイタリア語の語学力も示した。同番組に出演するサッカー選手は、中田英寿氏に続き2人目。2人のイタリア人出演者から10分以上にわたる突撃インタビューを受け、リズミカルなイタリア語で答えた。

 テーマは「イタリア流!強い男になる方法」。01年、パルマに留学した時からの付き合いとなる恩師のエルメス・フルゴーニ氏(現チェゼーナGKコーチ)から教わった格言を披露。日本ではボールを受けると表現するが、「彼はボールを攻撃しろと言う」と実際にボールを使って説明した。

 イタリア語は10年間、勉強した。英語、スペイン語、ポルトガル語でもコミュニケーションが取れる。欧州での第一歩をベルギーで踏み出した川島。ステップアップへの語学力は全く問題ない。

 ◆31日開幕先発へ自信 川島は29日、本拠地のリールで会見を行った。31日の開幕戦(シントトロイデン戦、アウェー)へ向け「いい準備ができています」と意気込んだ。アントニウス監督の方針でレギュラーは確約されていないが「自分が貢献できるのはピッチの上だけだから、そのモチベーションの強さでレギュラーを勝ち取りたい」と先発どりに自信を示した。


http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/world/news/20100729-OHT1T00342.htm
posted by gossip at 06:02| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月29日

ガッリアーニ:「本田の獲得は難しい」

ミランのガッリアーニ副会長は28日、今夏のマーケットについて、ビッグネームが移籍することはないとの見解を示した。一方で、獲得に関しても大きな動きがないことをほのめかしている。注目の日本代表MF本田圭佑の獲得については、外国人枠の問題から難しいとの考えを明かした。

「補強のためにマーケットで動くか? それはないと思うよ。まあ、様子を見ていこう。ビッグネームの誰も出ていくことはない」

「本田? 彼は問題だよ。(CSKA)モスクワから彼を獲得するのは難しい。EUのパスポートを持っていないからね。(外国人枠を一つに削減すると決定した)イタリアサッカー連盟に聞いてくれよ」

また、去就が騒がれているMFジェンナーロ・ガットゥーゾについて、ガッリアーニ副会長は「昨晩(27日)、状況が良くなったよ。(マッシミリアーノ・)アッレグリ監督と一緒に会ったんだ。落ち着きを取り戻したと言えるんじゃないかな」と、残留に向かっていることをほのめかしている。


http://www.goal.com/jp/news/1867/%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%82%A2/2010/07/29/2046530/%E3%82%AC%E3%83%83%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%8B%E6%9C%AC%E7%94%B0%E3%81%AE%E7%8D%B2%E5%BE%97%E3%81%AF%E9%9B%A3%E3%81%97%E3%81%84
posted by gossip at 10:47| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長友、ヒデ超えイケる!元伊代表が太鼓判

 セリエA・チェゼーナに期限付き移籍した日本代表DF長友佑都(23)が、“ヒデ超え”に太鼓判を押された。同クラブ所属で、元日本代表MF中田英寿氏(33)とローマ時代に同僚だった元イタリア代表GKフランチェスコ・アントニオーリ(40)が、「長友は内向的なヒデに比べ、非常にオープン。きっと欧州でも成功すると思うよ」と明言した。

 ミニゲームでは、主力組として左サイドバックの長友と守備面の連係などで話し合い、明るい性格を見抜いた様子。長友も「英語とかイタリア語を使って、できる限りコミュニケーションを取ろうと思っている。みんな心を開いてくれて楽しい」。今後はビザ取得で一時帰国を予定するが、開幕スタメンへ、順調に歩みを進めている。


http://sankei.jp.msn.com/sports/soccer/100729/scr1007290805000-n1.htm
posted by gossip at 08:05| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長友がCK特訓…監督から直接指導

 セリエA・チェゼーナに加入した日本代表DF長友佑都(23)が28日の午前練習でCKの特訓をした。前所属のF東京ではほとんど蹴ったことがないが、現役時代MFだったフィッカデンティ監督(42)から直接指導を受け、MFコルッチ(29)と交代でキッカーを務めた。左CKをゴール前で待ち受ける選手にピタリと合わせると、指揮官からは「ブラボー! ナガ」の声が飛んだ。

 長友は就労ビザ取得のため、マッレスでの1次合宿終了翌日の31日にチームを離れて帰国する予定。8月2日からチェゼーナ郊外で行う2次合宿には途中合流する。



http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/world/news/20100729-OHT1T00006.htm
posted by gossip at 06:01| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

絶えることなく霊気に覆われた場所、カプチン・フランシスコ修道会の地下納骨堂(イタリア)

 見るだけでひんやりと冷気と霊気で包み込んでくれる場所。それがイタリア、パレルモにあるカプチン・フランシスコ修道会の地下納骨堂。ここには、カプチン会独特の死体埋葬方法であるミイラ保存法により、約8000の遺体が安置されている。

 中には損傷が激しく白骨化してしまったものもあれば、つい最近眠りについたような状態のものもある。

 最後にこちらは「腐らない遺体」として有名な、1920年に2歳で亡くなったロザリア・ロンバルドちゃんのミイラ。

 アルフレッド・サラフィアという死体防腐処理師の手によってミイラにされたロザリアは、長い間製法不明とされてきたが、2009年イタリアの生物人類学者であるピオンビーノ・マスカリやサラフィアの親族らの調査によって、「ホルマリン」「塩化亜鉛」「アルコール」「サリチル酸」「グリセリン」を使用して作られたものであると解明された。

 アルコールが遺体のミイラ化を促進した一方で、グリセリンが適度な湿潤を保ち、サリチル酸は菌の繁殖を防いだと考えられている。また、亜鉛塩がロザリアの体を腐敗から守ったと見られる。最後に頬に「パラフィン」が注入されたそうだ。


http://karapaia.livedoor.biz/archives/51746916.html
posted by gossip at 00:00| Comment(0) | バチカン・宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セリエAのジェノアが遠藤に興味…ボローニャも?

 28日付のイタリア紙ガゼッタ・デロ・スポルトは、セリエAの古豪ジェノアがG大阪の日本代表MF遠藤に興味を示していると報じた。

 W杯ではデンマーク戦で直接FKを決めるなど活躍した遠藤は、すでに英紙でリバプールが興味を持っていると報じられているが、関係者によると、ジェノアと同じセリエAのボローニャも興味を示しているもようで今後が注目される。


http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2010/07/29/16.html
posted by gossip at 00:00| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月28日

インテルとレアル・マドリーがマイコンの移籍で合意か

 イタリアのメディアは27日、インテルとレアル・マドリーがブラジル代表DFマイコンの移籍で合意に達したと報じた。

『ガゼッタ・デッロ・スポルト』紙および『コリエッレ・デッラ・セーラ』紙は、両クラブが移籍金2800万ユーロ(約32億円)+インセンティブで合意に達したことを伝えている。その一方で、レアル・マドリーとマイコンとの契約交渉はまだ続いているようだ。

『ガゼッタ・デッロ・スポルト』紙によると、マイコン側は、4年契約に加え年俸600万ユーロ(約6億8400万円)+インセンティブを要求しているものの、レアル・マドリー側は年俸550万ユーロ(約6億2700万円)を提示しているもよう。とはいえ、両者は数日中にも合意に達する見込みだという。

 また同紙は、インテルがマイコンを売却した資金でリバプールのハビエル・マスチェラーノ獲得に動くことも併せて報じている。


http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/headlines/20100728-00000006-spnavi-socc.html
posted by gossip at 11:22| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユーヴェ、今週中にクラシッチ獲得?

ユヴェントスはヴォルフスブルクFWエディン・ゼコの獲得が難しいことから、再びCSKAモスクワMFミロシュ・クラシッチ獲得への動きを強めていると言われる。ロシアの報道によると、今週中にもクラシッチのユーヴェ移籍が決まるのではないかとのことだ。CSKAは今週末、スパルタク・モスクワとのダービーマッチを控えているが、クラシッチはこの一戦に出場することなく、イタリアへ行くのではないかと見られている。

ロシア『ソビエト・スポーツ』は、CSKAとユーヴェが1500万ユーロの移籍金で合意するだろうと伝えている。クラシッチはユヴェントス移籍を希望しており、マンチェスター・シティやフェネルバフチェからの誘いを断ったとされている。

ただし、クラシッチは『bobsoccer.ru』に対し、「CSKAでプレーを続けることも問題ない」と述べている。それでも、クラシッチが移籍を望んでいるとの見方は強く、先週末の試合でパフォーマンスが良くなかった原因に挙げる声もあるほどだ。


http://www.goal.com/jp/news/1867/%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%82%A2/2010/07/28/2044929/%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%82%A7%E4%BB%8A%E9%80%B1%E4%B8%AD%E3%81%AB%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B7%E3%83%83%E3%83%81%E7%8D%B2%E5%BE%97
posted by gossip at 09:36| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本田獲得に積極的 ACミラン 移籍金4億円アップ?

 CSKAモスクワの日本代表MF本田圭佑(24)獲得に向け、既にACミランは水面下でCSKA側と何度も接触している。

 ロシア紙によると、移籍金の提示額を当初の1000万ユーロ(約11億円)から1300万ユーロ(約15億円)に引き上げて非公式なオファーを出したという。

 マルセイユやアーセナルなど複数のクラブが本田の獲得に興味を示しているが、ACミランが最も積極的な動きを展開している。夏の移籍市場は8月31日まで。本田の代理人のケース・プルーフス氏は「欧州ビッグクラブから正式オファーがあれば、すぐに検討に入る」と語った。


http://www.sponichi.co.jp/soccer/flash/KFullFlash20100728008.html
posted by gossip at 07:34| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本田がミランを歓迎「いい方向に進めば」

 CSKAモスクワの日本代表MF本田圭佑(24)が、セリエAのACミランから獲得に興味を示されていることを受け「非常にポジティブなこと。いい方向に進めばいいなと思います」と語った。

 セリエAは守備重視の戦術が一般的で、攻撃的選手には難しいリーグとされるが、問題なしを強調。目標に掲げるレアル・マドリード移籍へのステップとして、最適なクラブの1つであるという認識を示した。


http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2010/07/28/16.html
posted by gossip at 00:00| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

垂直跳びNo・1!長友 身体能力見せた

 チェゼーナの日本代表DF長友が、驚異の身体能力で周囲を驚かせた。トッフォルッティ・フィジカルコーチは27日、W杯で長友のトップスピードが出場DFのうち2番目だったことを明かした上で「垂直跳びでもチームNo・1の高さをはじき出した」と話した。

 この日は7・5キロの持久走が行われたが、そこでも快走。MFピアンジェレッリは「瞬発力もあって長距離を走っても平然としているなんて」と感心しきりだ。もっとも長友はスタミナよりもコミュニケーションの向上に手応えを感じた様子。「皆、心を開いてくれている。ピッチでもいいタイミングで走ればパスが出てくる」と話していた。


http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2010/07/28/19.html
posted by gossip at 00:00| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月27日

EU人口が5億人突破 増加の6割は移民

 欧州連合(EU)の統計機関ユーロスタットは27日、EU27カ国の総人口が2010年1月1日現在、前年比で140万人増の約5億110万人となり、5億人を突破したと発表した。

 人口増の内訳は、出生数から死亡数を引いた自然増が50万人、移民流入が90万人で6割となった。ユーロ圏16カ国の総人口は前年比90万人増の3億2950万人。

 EU全体では、09年に540万人が誕生。人口千人当たりの新生児の割合は10.7。国別で高いのはアイルランド(16.8)、英国(12.8)、フランス(12.7)、低いのはドイツ(7.9)、オーストリア(9.1)、ポルトガル(9.4)など。


http://sankei.jp.msn.com/world/europe/100727/erp1007272120020-n1.htm
posted by gossip at 21:19| Comment(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イタリア『RAI』が判定めぐるリプレイ映像の放送を中止

イタリア『RAIスポーツ』のディレクター、エウジェニオ・デ・パオリ氏は、「スタディオ・スプリント」や「90° Minuto」、「ドメニカ・スポルティーヴァ」といったスポーツ番組の中で、判定の是非を問う問題シーンのリプレイ映像を流すことを中止すると決定した。

AIA(イタリア審判協会)のマルチェッロ・ニッキ会長は、次のように決定を喜んでいる。

「テクニカルな視点により機会を与えるアイディアで、こうすることにより、リプレイ映像をめぐってスポーツバールで繰り広げられる議論から生まれる騒動を避けることができる。それらは審判たちや若手選手たちの成長にとって有害なものだったんだ。AIAはこの文化的な改革案に貢献する用意がある」

一方、パレルモのマウリツィオ・ザンパリーニ会長は「私には興味のないことだ。だが、『RAI』がそう決めたとしたら、競合者を喜ばせることになるだろう」とコメント。『メディアセット・プレミアム』の有名スポーツジャーナリストであるサンドロ・ピッチニーニ氏は、「リプレイ映像を悪魔呼ばわりするのは、反歴史的な決定だ」と厳しく批判している。

リプレイ映像を使って判定の是非を問うことに反対していたUEFAのピエルルイジ・コッリーナ審判委員長は、『RAI』の決定に賛辞を送っている。

「サッカーの話を耳にすることへの喜びを取り戻すだろう。テレビのような媒体は、サッカー文化に大きく影響する。目的が、審判について話すのを避けることであってはいけない。そうではなく、騒動を生むようなエピソードを目立たせようとすることを避けなければいけないのだ」


http://news.livedoor.com/article/detail/4910187/
posted by gossip at 19:48| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。