2010年09月30日

「挑発的すぎる!」中指を立てた手の彫刻が証券取引所に設置され批判を浴びる

中指を立てた手の形は、特にアメリカでは侮蔑の表現とされていることは、ご存知の通りだと思います。

イタリア・ミラノ証券取引所の正面に、なんと高さ11メートルの巨大な中指を立てた手の彫刻が展示され、挑発的すぎではないかと物議をかもしています。

手の像は大理石で出来ており、イタリア人アーティストのマウリツィオ・カテラン氏によるもの。

高々と天に向けられた中指。

この像は、カテラン氏による回顧展の一環で、10月3日まで展示されるとのこと。

証券取引所のような公共の場に、このような挑発的な作品を設置したことに対し、政治家など各方面から批判の声が上がっているようです。

カテラン氏は過去にもローマ法王が隕石にぶち当たった彫刻などを発表している人物で、今回もお騒がせといったところですが……。

むしろ証券取引所の責任者が、よくこの像の設置を許可したものだと思います。


http://labaq.com/archives/51507576.html
posted by gossip at 15:18| Comment(0) | 地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベルルスコーニ首相の信任案、下院で可決

イタリア下院は29日、シルビオ・ベルルスコーニ(Silvio Berlusconi)首相の事実上の信任投票となる主要政策方針の賛否を問う採決を行い、賛成342で可決した。

 採決の前、連立政権から離脱した議員グループが賛成に回ることを表明しており、可決が濃厚になっていた。賛成票は可決に必要な票数を33票上回った。

 今年7月、ベルルスコーニ首相と対立していた与党・自由国民党(PDL)のジャンフランコ・フィーニ(Gianfranco Fini)下院議長が下院議員34人、上院議員10人を引き連れて離党。連立政権は過半数割れとなり、今回否決されればベルルスコーニ首相の辞任は必至だった。


http://www.afpbb.com/article/politics/2762435/6267231
posted by gossip at 08:59| Comment(0) | 政治・政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月29日

「ロベルト カヴァリ」40周年、ショーにテイラー・スウィフトらが出席

 イタリア・ミラノ市内で27日、ブランド創業40周年を迎えた「ロベルト カヴァリ(Roberto Cavalli)」が11年春夏コレクションを発表した。アニバーサリーを飾る記念すべきショーには、華やかなゲストと豪華モデルが登場した。

■ゲストをチェック!

 フロントロウには、カントリー歌手のテイラー・スウィフト(Taylor Swift)と女優のレイチェル・ビルソン(Rachel Bilson)が隣同士に。ビルソンは「誰かカメラを貸して!私の妹たちがスウィフトの大ファンなの」とシートの並びに興奮の様子。一方のスウィフトは「最高ね!ミラノでカヴァリのショーを見れるなんて、一生に一度あるかないかのことよ」と喜びを語った。

 バックステージに姿を見せた歌手のレオナ・ルイス(Leona Lewis)は、「とてもクールな日よ。ロベルトとは数年コラボレーションをしているけど、やっと彼のお城にやってきたような気分だわ」と笑顔。

 その他会場には、モデルのハイディ・クルム(Heidi Klum)、エリザベッタ・カナリス(Elisabetta Canalis)、「ヴォーグ ニッポン(VOGUE NIPPON)」アンナ・デッロ・ルッソ(Anna Dello Russo)らが登場した。 

■人気モデルが登場

 ランウェイには、ナタリア・ボディアノヴァ(Natalia Vodianova)、カロリナ・クルコヴァ(Karolina Kurkova)、レティシア・カスタ(Laetitia Casta)など人気モデルが次々と登場。カヴァリのショーの常連であるカスタは、「ウォーキングは、『読書や睡眠、映画鑑賞よりも簡単』って思うこともあるけれど、ロベルトのショーとなると別よ。そう簡単にはいかないわ」とコメント。

 ショーを終えたカヴァリは「もう何が起こってもかまわないよ!」と満足な様子だった。


http://www.afpbb.com/article/entertainment/fashion/2762256/6262806
posted by gossip at 18:37| Comment(0) | 芸能・ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミラノ証取前に「中指立てた手」の彫像、挑発的作品で論議呼ぶ

 イタリアのミラノ証券取引所の前に、大理石でできた、中指を立てた手の彫刻が登場し、論議を呼んでいる。

 高さ11メートルのこの彫刻は、現代アートのイタリア人芸術家マウリツィオ・カテラン氏の回顧展「Against Ideologies(イデオロギーに逆らって)」の一環として展示されたもの。

 証券取引所のような公共スペースにおける挑発的な作品の設置をめぐっては、地元政治家や有識者から批判の声が上がっている。

 カテラン氏が「想像力」を主題に手掛けたと語るこの作品は、10月3日まで同証取前に展示される予定。

 カテラン氏は、これまでにも隕石(いんせき)が当たったローマ法王ヨハネ・パウロ2世の彫刻や、3体の子どもの操り人形を木の枝に吊るした展示物など、問題視される作品を発表している。


http://sankei.jp.msn.com/world/europe/100929/erp1009291618011-n1.htm
posted by gossip at 16:16| Comment(0) | 地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヴェネチアのコンドーム販売機は「別のモノ」も売っている

ヴェネチアはイタリアのなかでも特にロマンチックな街だ。そんな幻想的な街にカップルで旅行をしたら、どうしても必需品となるのがコンドーム。ロマンチックな街で盛り上がれば、きっと思い出の夜になる事だろう。

そんなヴェネチアでも、日本と同じようにコンドーム自動販売機が存在する。しかしヴェネチアのコンドーム自動販売機は日本と違い、別のモノも販売しているのである。コンドーム自動販売機で売っているコンドーム以外のモノ。……もしかして、大人のアレ? そ、そそ、そんなの記事にできないーッ!?

ヴェネチアのコンドーム自動販売機で売られているモノとは、赤ちゃんのおしゃぶり。なんと、コンドームと同じ自動販売機でおしゃぶりを買えてしまうのである!

ほかにも、絆創膏(ばんそうこう)や生理用ナプキン、髭剃り、お泊りセット(歯磨きブラシや歯磨き粉)、妊娠検査薬などを購入する事ができる。つまり、ドラッグストアで売られている医薬品以外のものをコンドーム自動販売機で購入できるというわけだ。

なんとも便利な自動販売機だが、日本人の心理からしてコンドームと一緒に売られている赤ちゃん用おしゃぶりを買うのは抵抗があるかもしれない。ちなみに、ヴェネチア以外の都市でもこの自動販売機があるようなので、イタリア旅行に行った際に探してみるといいだろう。


http://rocketnews24.com/?p=48534
posted by gossip at 00:00| Comment(0) | おもしろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月28日

ミラノ証取前に「中指立てた手」の彫像、挑発的作品で論議呼ぶ

 イタリアのミラノ証券取引所の前に、大理石でできた、中指を立てた手の彫刻が登場し、論議を呼んでいる。

 高さ11メートルのこの彫刻は、現代アートのイタリア人芸術家マウリツィオ・カテラン氏の回顧展「Against Ideologies(イデオロギーに逆らって)」の一環として展示されたもの。

 証券取引所のような公共スペースにおける挑発的な作品の設置をめぐっては、地元政治家や有識者から批判の声が上がっている。

 カテラン氏が「想像力」を主題に手掛けたと語るこの作品は、10月3日まで同証取前に展示される予定。

 カテラン氏は、これまでにも隕石(いんせき)が当たったローマ法王ヨハネ・パウロ2世の彫刻や、3体の子どもの操り人形を木の枝に吊るした展示物など、問題視される作品を発表している。


http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-17406820100928
posted by gossip at 16:34| Comment(0) | 地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

失敗から学んで上達する弓矢ロボット

このかわいらしい子供のようなロボット『iCub』は、イタリア工科大学の研究者たちが設計したものだ。

弓と矢、そして(政治的には正しくないかもしれないが)アメリカ先住民のお洒落な頭飾りで身を固めたこのロボットは、複雑なコンピューター・アルゴリズムを使って、自分の撃ち損じから学習を続け、標的の中心に当てることができるようになる。

iCubには、『ARCHER』(Augmented Reward Chained Regression、拡張報酬連鎖回帰の略)と呼ばれる学習アルゴリズムが使われている。これは、搭載したカメラで標的の画像を撮影し、ロボットのそれまでの失敗例も処理して、完璧な角度、力、軌跡を割り出して命中させるというものだ。

iCubの最初の反復学習では、標的から3.5メートル離れたところに立ち、8回のトライで標的の中心に当てることができた。筆者としては、あと数回の反復学習の後、弓がショットガンに変わり、トライの数が2〜3回に減らないことを願うばかりだ。

イタリア工科大学では今年、『Barrett WAM 7』というロボットアームに、パンケーキの裏返しを教えるというプロジェクトにも成功した(日本語版記事)。このときは習得するまでに、やや多い50回のトライが必要だった。

iCubは、テネシーで今年12月に開催される『Humanoids 2010』で、他のさまざまなロボットたちとともに公開される。


http://wiredvision.jp/news/201009/2010092819.html
posted by gossip at 00:00| Comment(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月24日

ナポリごみ問題、混乱続く スト解除後、収集車放火も

 イタリア南部ナポリでごみ収集業者組合のストにより大量の家庭ごみが路上に放置されている問題で、組合は市の説得を受けストを解除、23日夜から24日未明にかけ収集を再開した。一方で、同市郊外のごみ処理場付近で処理場拡張に反対する住民が収集車に放火、2台が全焼するなど、なお混乱は続いている。

 国営イタリア放送が伝えた。市は4日程度で路上に山積みとなったごみを撤去するとしているが、約50台の収集車が破壊され使える車が少ないこともあり、問題長期化を懸念する声も強い。

 ストを中止、ごみをベズビオ山のふもとにある処理場に運ぼうとした収集車が攻撃された。警察隊と住民が衝突し、警官1人がけがをしたほか住民にも逮捕者が出た。


http://www.47news.jp/CN/201009/CN2010092401001044.html
posted by gossip at 21:24| Comment(0) | 地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

全身透視スキャナー「遅くて非効率」、イタリアで導入中止

 イタリアの空港でセキュリティー強化のため試験導入されていた全身透視ボディースキャナーについて、伊紙コリエレ・デラ・セラ(Corriere della Sera)は23日、検査に時間がかかりすぎ非効率だとの理由でイタリア政府当局が正式導入の中止を決めたと報じた。

 このスキャナー装置はローマ(Rome)、ベネチア(Venice)、パレルモ(Palermo)、ミラノ(Milan)の各空港で6か月にわたって試験利用されていたが、ミラノを除く3都市ではすでに使用を中止。ミラノでも、近く使用をやめる可能性が高いという。

 イタリア航空当局は導入中止の理由について、「試験中にボディースキャナーから良い結果を得られなかった。1人を検査するのに、担当官が直接ボディーチェックをするより長い時間がかかる」と説明した。

 また、同紙は当局高官の話として、プライバシー対策を強化した結果、爆発物や武器の所在を特定する上で非効果的になってしまったと伝えている。

 導入の是非に関する最終的な判断は、政府委員会で決定されることになる。


http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2759882/6233848
posted by gossip at 15:47| Comment(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セリエAが認めた!長友に異例のマンマーク

 チェゼーナの日本代表DF長友佑都(24)が徹底マークで封じ込まれた。22日の敵地カターニア戦に左サイドバックで先発し、開幕から4試合連続フル出場を果たしたが、異例の“マンマーク”に苦戦。攻撃の起点を欠いたチームは0−2で今季初黒星を喫して、首位から陥落した。また、カターニアの日本代表FW森本貴幸(22)は3試合ぶりにベンチ入りしたが出場ならず、起用法への不満を口にした。

 これまで“エースキラー”だった長友が、初めて徹底マークを受けた。その“刺客”は今季初めてスタメンに抜てきされた無名のアルゼンチン人MFゴメス。長友より身長が5センチも小さい1メートル65の小兵だった。

 「僕が(攻め)上がった時、サイドハーフ(ゴメス)が付いてきてカバーされた。あの選手だけじゃなく組織として、チェゼーナや僕を研究してきたと思う」

 前半から長友がボールを受けると、すぐゴメスにプレッシャーをかけられパスコースを消された。結局バックパスが多くなり、攻撃がストップ。オーバーラップしても影のように並走され、チームの武器である速攻も封じられた。一方で、1点を追う後半13分にゴメスのスルーパスから追加点を奪われ、結局0−2で今季初黒星。「チームとして機能しなかった。攻撃でも良い部分を出せなかった。それが苦しんだ要因」と完敗を認めた。

 DFでは異例の“マンマーク”を受けたことは、長友の実力がセリエAで認められた証拠でもある。ローマ戦でFWトッティを封じ、ACミラン戦ではFWアレシャンドレ・パト、FWイブラヒモビッチらを抑えて2−0の金星奪取に貢献した。この日は初めて逆の立場となり不発に終わったが、今後研究されマークされた中で活躍できるようになれば、目標の「世界一のサイドバック」へまた一歩近づける。後半には右サイドバック、右MFで初めてプレーし「幅が広がる。アピールしていきたい」と前を向いた。

 ハーフタイムには出場がなかったカターニアのFW森本と「お互い頑張ろう。高みを目指そう」と励まし合った。「自分のプレーを見直して、森本と切磋琢磨(せっさたくま)して、日本人がセリエAでもここまでできるんだ、というところを見せたい」。“洗礼”を浴び首位から陥落したが、下を向いている暇はない。長友のチャレンジはまだ始まったばかりだ。


http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2010/09/24/12.html
posted by gossip at 00:00| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月23日

戸惑う森本「開幕前と言っていることが違う」

 長友と森本のピッチ上での日本人対決はならなかった。フル出場した長友は好プレーもあったが、チェゼーナは初黒星を喫した。カターニアの森本はベンチに座ったままだった。

 チェゼーナは前後半に1点ずつ失って敗れた。長友は「チームとしてなかなか機能していなかった」と悔しがった。左サイドバックでスタートし、後半途中から右サイドバックもこなした上で、積極的な攻め上がりも見せただけに「幅が広がっている。アピールしたい」と収穫も口にした。

 森本は今月7日の日本代表のグアテマラ戦で2得点しながら、戻った後のリーグ戦では3試合続けて出場機会がない。チーム残留を要請されながら、チャンスを与えられない状況にいら立ちを隠さず「開幕前と(監督の)言っていることが違うので、戸惑っている」とこぼした。


http://www.sponichi.co.jp/soccer/flash/KFullFlash20100923079.html
posted by gossip at 17:56| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トラップ:「モレノ? 思ったとおりだ」

2002年日韓ワールドカップ、韓国対イタリアの一戦で物議をかもすジャッジをして有名になったバイロン・モレノ氏は、ヘロインを所持していたとして、ニューヨークの空港で逮捕されている。8年前の試合で悔しい思いをしたイタリアだけに、モレノ元主審逮捕のニュースが騒ぎとなったのは当然だろう。

当時、イタリア代表を率いていたジョヴァンニ・トラパットーニ監督は、イタリア『TG5』のインタビューで、次のように厳しく語った。

「(モレノ氏逮捕のニュースには)驚きはしたけど、それほどでもなかった。むしろ、当時私が彼について考えていたことがはっきりしたということだよ」

「あの試合のことはかなり覚えている。我々はラウンド突破にふさわしかったんだ」


http://www.goal.com/jp/
posted by gossip at 09:17| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブッフォン:「モレノは02年にもドラッグを使っていた」

2002年の日韓ワールドカップ、韓国対イタリアの一戦で、疑惑の判定が物議を醸したエクアドル人のバイロン・モレノ元主審が、下着に約6キロのドラッグを隠し持っていたとして逮捕された。

韓国対イタリアで、決勝ゴールを取り消し、さらにはFWフランチェスコ・トッティがシュミレーションを犯したとして退場とするなど、イタリアに不利な判定をしたモレノ氏。同代表GKジャンルイジ・ブッフォンは逮捕の報を受け、「報いを受けた」とイタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』に話した。

「6キロのドラッグ? 2002年には下着ではなく、すでに体内にドラッグがあったんだろうね。冗談はともかく、ドラッグの存在はスポーツの価値を下げてしまうものだ」

「イタリアを敗退させた報いを受けたんだ。彼は無法者で厳粛な人間ではない。ドラッグを持っていたことは、彼がプロフェッショナルではなかったことを意味するんだよ」


http://www.goal.com/jp/
posted by gossip at 01:29| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月22日

<11年春夏ミラノコレクション>グッチ、新作を発表

イタリア・ミラノ市内で22日から28日まで11年春夏ミラノコレクションが開かれている。22日には、フリーダ・ジャンニーニ(Frida Giannini)が手がける「グッチ(GUCCI)」が新作を発表した。


http://www.afpbb.com/article/entertainment/fashion/2758912/6223969
posted by gossip at 23:34| Comment(0) | 芸能・ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チェゼーナ監督:「目標は残留」

開幕から2勝1分で首位に立つ好調チェゼーナは22日、セリエA第4節でカターニアと対戦する。残留を争う直接のライバルとの重要な一戦であり、マッシモ・フィッカデンティ監督は前日会見で、現在の好調に浮かれることなく、目標が残留であることを忘れてはいけないと語った。

「我々は首位に立っており、誰もが我々のことを話題にしている。だが、自分たちの目標がセリエA残留であることを思い出そう。この数日、私は特にこの精神面について働きかけていた。カターニア戦には十分謙虚に臨まなければいけない」

「いろいろなところで、我々が首位に立っているのは、フィジカルコンディションが良いおかげだと言われている。それは事実だ。だが、それだけではない。我々にはテクニックのクオリティーもあるし、士気も高いんだ。リーグ首位というのは我々のポジションではないが、これまで我々がやってきたことへのご褒美だと思っている。ここまでの勝ち点7に、我々は十分値したんだ」


http://www.goal.com/jp/
posted by gossip at 13:34| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バチカン銀行の総裁らが捜査対象に、資金洗浄の疑い

 イタリアの検察当局は21日、マネーロンダリング(資金洗浄)に関与した疑いでバチカンの財政管理組織「宗教事業協会(Istituto per le Opere di Religione、IOR、通称バチカン銀行)」幹部らに対する捜査を開始した。

 捜査対象とされているのは、エットレ・ゴティテデスキ(Ettore Gotti Tedeschi)総裁とIOR幹部の2人。さらにイタリア検察は、IORの資産2300万ユーロ(約26億円)を押収した。
 
 マネーロンダリング撲滅を目指すイタリアは2007年、金融機関の送金情報開示義務を強化する法改正を行った。ゴティテデスキ総裁らは、この開示義務に違反した疑いがもたれている。

 これに対し、バチカン当局は、「IORは違法行為などしていない。今回の捜査には当惑し驚いている」との声明を発表。さらに、必要な書類は全てイタリア銀行(中央銀行に相当)に提出しており、IORの財政運営の透明性が証明されることは明らかだと反論した。


http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2758771/6220859
posted by gossip at 12:52| Comment(0) | バチカン・宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バチカン銀行、資金洗浄に関与か 伊司法当局が捜査開始

ローマ法王庁(バチカン)の財政管理組織である「宗教事業協会(バチカン銀行)」がマネーロンダリング(資金洗浄)に関連した疑いがあるとして、イタリア当局が21日までに捜査を開始した。

イタリアの中央銀行「イタリア銀行」関係者によると、バチカン銀行が行った2件の送金に関して、マネーロンダリング(資金洗浄)防止を目的とした法律に違反する送金の疑いがあることをイタリア銀行が把握し、司法当局に通報した。本件の捜査に近い情報筋によれば、司法当局は通報を受けた時点ですでにバチカン銀行への捜査を開始していたという。

疑惑の対象は、バチカン銀行がイタリアの銀行クレジト・アルティジャーノに預けていた資金の2回にわたる送金で、法律に定められた送金者の情報などを明らかにしないまま、他行に送金しようとした。送金金額は一方が2000万ユーロ(約23億円)、もう一方が300万ユーロ(約3億4000万円)だった。イタリア国内メディアは、司法当局が同行の資産3000万ユーロ(約34億円)を押収したと報じている。

バチカン銀行は21日、金融業務には「完全な透明性」を期しており、捜査に「困惑している」との談話を発表した。

マネーロンダリングの専門家ジェフリー・ロビンソン氏は、バチカン銀行は「世界でもっとも秘密に包まれた銀行」で、広大な不動産などを収入源とする同行の資金の動きを、外部が把握することはほぼ不可能だと指摘する。バチカン市国は独立国家であるため、イタリアの司法当局がどこまで捜査を進められるかは不明。


http://www.cnn.co.jp/world/30000287.html
posted by gossip at 10:17| Comment(0) | バチカン・宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日韓W杯で買収疑惑の審判、麻薬所持で逮捕

2002年日韓ワールドカップ(W杯)でイタリアの敗退における決定的な存在となったエクアドル人のバイロン・モレノ主審が、少なくとも6キロのヘロインを下着に隠し持っていたとして、ニューヨークのジョン・F・ケネディ空港で逮捕された。アメリカ麻薬取締局が明かしている。

02年W杯の際にイタリア側から買収されたとの疑惑をもたれたモレノ元主審は、「私は落ち着いているし、イタリア人がまったく未熟だと確信している。賄賂を騒いでいるとしたら、それはおそらく彼らが賄賂に慣れているからだ」と反論。イタリアが敗れたのは自らの責任ではなく、リードを奪ってから守備的に戦ったジョヴァンニ・トラッパトーニ監督(当時)のせいだと主張していた。

だが、W杯終了後にモレノ元主審がマイアミへ旅行し、キトの空港に到着した際にスーツケースが買い物でいっぱいだったことや、借金をすべて返済したと言われたことなどが、彼に対する疑惑を強めた。さらに、母国のリーグ戦でも判定ミスから騒動となり、現在は母国のラジオやテレビでコメンテーターを務めていた。

02年W杯でもゴールマウスを守っていたユヴェントスGK ジャンルイジ・ブッフォンは、今回のニュースを受け、「6キロの麻薬? 02年の時点で彼は麻薬に染まっていたはずだよ。下着じゃなく、体の中に持っていたんだけどね」とコメント。「冗談はさておき、スポーツ界の人間が麻薬に関する話に関係していれば、底辺に来てしまったということだ。スポーツの意味も失ったということでもある。路上にいて、麻薬のような危険なことから若者を救い出すことも、スポーツの意味であるはずだ」と話している。


http://news.livedoor.com/article/detail/5024704/
posted by gossip at 09:27| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チェゼーナ会長が長友獲得を自賛「首位は偶然ではない」

 イタリアセリエA・チェゼーナのカンペデッリ会長(36)は20日、約35年ぶりとなるリーグ首位浮上の要因に、日本代表DF長友佑都(24)の加入を挙げた。選手の総年俸はリーグ最低の830万ユーロ(約9億3000万円)だが、「我々が首位にいるのは偶然ではなく、犠牲的精神での仕事と我々の構想によるもの。長友を獲得するなど、重要な投資はしている。選手の実力に自信を持って獲得している」と、限られた予算での長友の獲得は的確だったと胸を張った。

 また、同国代表のプランデッリ監督はチェゼーナの戦いぶりについて「よく組織化されているし、選手の情熱も高まっている」と、長友を含めた新戦力の存在が大きいと高い評価を与えた。


http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/world/news/20100921-OHT1T00233.htm
posted by gossip at 06:01| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「複合機」関税 日本など勝訴確定

EU=ヨーロッパ連合がプリンターやコピーの機能を合わせ持つ、いわゆる「複合機」などに不当に関税を課しているとして、日本などがWTO=世界貿易機関に訴えていた問題で、EUは21日、さきに日本などの主張を認めたWTOの判断に対し、上訴しないことを決め、日本などの勝訴が確定しました。

この問題は、EUが複合機やパソコン用の液晶モニターなどを輸入する際に関税をかけているのはIT機器への関税撤廃を決めたWTOの協定に違反するとして、日本やアメリカなどが訴えていたもので、WTOの紛争処理小委員会は先月、日本などの主張を全面的に認める判断を示していました。これについてEUは、21日開かれたWTOの紛争処理機関の会合で、2審に当たる上級委員会への上訴をしない方針を表明し、これによって日本やアメリカなどの勝訴が確定しました。経済産業省によりますと、日本からEUに向けた複合機の輸出額は去年、およそ2400億円で、およそ140億円の関税がかけられていたということですが、今回日本などの主張が認められたことで、今後はこうした関税がなくなることになります。これについて前原外務大臣は「EUがWTO協定違反と認定された措置を誠実かつ速やかに是正することを日本として求める」という談話を発表しました。


http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100922/k10014123051000.html
posted by gossip at 05:35| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。