2011年03月30日

イタリアで震災被災者なりすまし、TV出演で批判噴出

 イタリアで2009年に発生した地震の被災者と偽ってテレビ出演した女性(50)に対し、視聴者などから批判が噴出している。この女性は、ベルルスコーニ首相の復興支援策を番組内で称えることで報酬を受け取っていたという。

 女性は25日、ベルルスコーニ首相が保有するメディアグループ傘下の民法テレビ局の人気番組に出演し、2009年の地震で大きな被害を受けたラクイラの現状についてコメント。「ラクイラは震災前の状況に戻るだろう。家には庭やガレージがある。首相に感謝したい」などと述べていた。

 しかし、実際はラクイラ出身ではないことがインターネット上で発覚し、28日になって謝罪。番組に出演し、震災被災者として原稿を読むことで300ユーロ(約3万5000円)を受け取ったいたことも認めた。

 2009年にイタリア中部ラクイラを襲った地震では、300人以上が犠牲となり、数万人が家を失って避難生活を強いられた。また被災者からは、政府の支援が十分ではなく、復興が遅々として進まないことへの不満も多く出ていた。

 ラクイラ当局は29日、番組に対して法的手続きを取ることを検討しているとし、番組司会者に自分の目で被災地を見るよう求めた。

 一方、司会者は番組が意図した「やらせ」ではなかったと主張。「番組ゲスト全員の身分証明を求めることは不可能だ。私はいつでもフェアだ。震災被災者支援の番組も多く携わってきたし、子供たちにテディベアも送った。恥ずべきこと、というのは受け入れられない」と反論している。


http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-20335120110330
posted by gossip at 13:00| Comment(0) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。