2011年03月21日

世界最長!約600メートルのソーセージ、イタリア

 イタリア中部の小さな町ペンネ(Penne)で20日、597.8メートルのソーセージが作られ、世界最長記録を更新した。

 伊ANSA信が伝えたところによると、このソーセージは地元出身のアルベルト・デラ・ペッレ(Alberto Della Pelle)さんと同僚9人が、町の中心街の路上で作った。公式計測の結果、ルーマニアが持っていた392メートルの記録を大きく塗り替え、世界最長と認定された。

 完成した世界最長ソーセージは、切り分けてサンドイッチ6000個分の具となる予定。サンドイッチの販売収益は、カトリック慈善団体カリタス(Caritas)に寄付されるという。


http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2791704/6986107
posted by gossip at 15:23| Comment(0) | 地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月08日

名物カーニバル「オレンジ戦争」、イタリア

イタリア北部のイブレア(Ivrea)で7日、「オレンジ戦争」と呼ばれる伝統のカーニバルが開催された。この祭りは中世の圧制者に対し民衆が起こした反乱を再現したもので、馬車に乗った圧制者の衛兵とその周りを取り囲む民衆、それぞれに扮した人びとがオレンジを投げ合った。


http://www.afpbb.com/article/life-culture/culture-arts/2789362/6926911
posted by gossip at 08:38| Comment(0) | 地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月28日

ナポリ放置ごみ、軍が出動 Xマスで深刻、約1万9千トン

 イタリア南部ナポリと周辺地区の路上に多量の家庭ごみなどが放置されている問題で、放置ごみの量は27日までに今回の問題発生以来、最高の約1万9千トンに達した。政府は同日までにナポリ市などに陸軍を投入、ごみ収集に当たっている。レプブリカ紙などが伝えた。

 クリスマスシーズンを迎え大量の家庭ごみが出た上、一部のごみ処理業者がクリスマス休暇で休業。

 ベルルスコーニ首相は「政府は問題解決の計画を提案したが地元当局は何もしていない。(ごみ問題は政府を陥れるための)政治的策略の可能性もある」と責任転嫁ともとれる発言をしている。


http://www.47news.jp/news/2010/12/post_20101228090002.html
posted by gossip at 08:59| Comment(0) | 地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月30日

ピサの斜塔を一瞬で作り上げる方法

ふふふ、そうだったのかぁ!

なんといっても便利な時代になりましたもんね。そもそも写真で見ている美女は実際には美女でないかもしれない...なんてことまで言われちゃうんですから、あのピサの斜塔だって一瞬で斜体に仕立て上げることも当然ながら可能でしょう〜。このまま太字加工までしちゃえば、イタリアの建築家もビックリなインパクトある完成度になるかもしれません。


http://www.gizmodo.jp/2010/11/post_8080.html
posted by gossip at 23:00| Comment(0) | 地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月26日

世界遺産もゴミに埋もれる。イタリア・ナポリのゴミ放置、過去最高の1万トン以上に

 10年以上前からイタリア南部のナポリおよび周辺部では、路上に多量の家庭ごみなどが放置され問題となっている。ナポリ周辺では以前から、ごみ処分場に関する問題が度重なっているが、最近になり更に増量、放置ごみは問題発生以来、最高の1万トン以上にのぼったという。

 2年前にジョルジョ・ナポリターニ大統領は、巨額のお金をつぎ込み、一時的に処理したのだが、この問題は根深く、地元マフィア「カモラ」の介入によりさらに悪化しているという。

 ごみビジネスの利権に目をつけたマフィアグループは、隅々まで組織網を張り巡らせているので問題の解決は一筋縄ではいかないそうだ。

 ナポリおよびカンパニア州のごみ回収作業会社やごみ処理施設でマフィアが関与していないものはない。中には直接、マフィア組織が運営しているものもあるという。

 元来、マフィアは麻薬密売を主な収益源としていた。しかし、1980年代頃からごみ関連ビジネスが麻薬密売に次ぐ収入源となり、この動きは1990年代に加速した。

 競合他社を押しのけ、安全基準も無視する「エコマフィア」は、イタリア北部から船で搬送した産業廃棄物をナポリ周辺に不法投棄する。未分別の40万トンものごみが大袋につめられ山積みとなっている。放置されたごみからは有害ガスも発生する事態となっている。こうした違法ごみビジネスにより、マフィアは年間25億ユーロ(約4000億円)にも上る収益を得ているという。

 今年9月には、ナポリ市郊外のごみ処理場付近で処理場拡張に反対する住民が収集車に放火、2台が全焼するという事件もあったそうだ。


http://karapaia.livedoor.biz/archives/51789718.html
posted by gossip at 00:00| Comment(0) | 地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月18日

ナポリ、放置ごみ量が1万トン超 世界遺産周辺にも

 イタリア南部ナポリと周辺地区の路上に多量の家庭ごみなどが放置されている問題で、放置ごみの量は今回の問題発生以来、最高の1万トン以上に達した。世界遺産となっている市中心部の歴史地区は、これまで観光への影響を考慮して優先的に回収されてきたが、同地区周辺にもごみがあふれる状態となっている。レプブリカ紙などが17日伝えた。

 ベルルスコーニ首相は10月下旬に同市近郊を視察し「3日でごみは無くなる」と断言したが、その後ごみの量は逆に急増。首相は17日もナポリ訪問を計画したが中止に。野党による内閣不信任案提出に伴う政治危機で内閣はごみ問題どころではないとの指摘もあり、事態は深刻化する一方だ。

 ごみ急増の根本的な原因は処理施設不足。当局は北部エミリア・ロマーニャ州にごみ受け入れを要請したが、同州は拒否。拡張予定だったナポリ郊外、ベズビオ山のふもとの処理場も、異臭や健康被害を懸念する住民の激しい抗議行動のため閉鎖され、再開の見通しは立っていない。


http://www.chunichi.co.jp/s/article/2010111801000108.html
posted by gossip at 09:35| Comment(0) | 地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月27日

「ミニスカ禁止令」を可決 「品位を取り戻す」と市長、罰金5万7000円 イタリア

 イタリア南部のカステラマーレディスタビア市のニュースサイト、スタビアニュースなどによると、同市議会は27日までに、女性が街中でミニスカートや胸元が大きく開いた服を着ることを禁じる規則案を可決した。ルイジ・ボッビオ市長が「(街の)品位を取り戻す」と主張して提案していた。

 違反者には最大500ユーロ(約5万7千円)の罰金が科される。地元のカトリック教会は賛意を示したが、野党の女性市議会議員らは「女性の自由を束縛する」と猛反発、市議会前で座り込みなどを行っていた。

 同市はナポリ近郊にあり人口約6万4千人。市長は男性で、中道右派与党、自由国民出身。昨年も公共の建物に入る際に「品格のある服装」をしなければならないとの規則を提案、議会で承認された。


http://sankei.jp.msn.com/world/europe/101027/erp1010271147003-n1.htm
posted by gossip at 11:46| Comment(0) | 地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月26日

過度な肌露出は駄目、伊南部で条例可決 ミニスカートはOK

 イタリア南部の町カステラマーレ・ディ・スタビア(Castellammare di Stabia)で25日、肌を露出しすぎる服装などを禁じる条例が議会で可決された。

 町議会によると、短すぎるスカート、ジーンズを下げすぎた腰履き、開きすぎた胸もとなどが、「非社会的行為」とみなされるという。町長は「これでカステラマーレも洗練された町となる」と満足感を示した。

 採決に先立ち、野党の女性議員が「ミニスカートデー」と題した小規模な抗議集会を開くと、町長は「ミニスカートは規制の対象外だ。ミニスカートは、もはやスカートと呼べないほど布地部分が小さく、下着が見えてしまわない限り、露出の多い服装とはみなされない」と苦しい説明をした。

 同条例は、神の冒とくや、公衆の面前での肌を露出した日光浴、さらには、多くの町民の娯楽であるサッカーを多くの公共の場でプレーすることまで禁じている。

 イタリア政府は各自治体の首長に治安維持のために大幅な権限を与えている。


http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2769818/6370414
posted by gossip at 12:15| Comment(0) | 地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月23日

ナポリごみ処分場、ベルルスコーニ首相が補償金提示 住民は拒否

イタリアのナポリ(Naples)近郊の街に欧州最大のゴミ処分場を建設する計画をめぐり、住民と警官隊の衝突が続く中、シルビオ・ベルルスコーニ(Silvio Berlusconi)首相は22日、この地区に1400万ユーロ(約16億円)の補償金を支払う案を提示した。しかし、地元自治体の首長らは建設計画の中止を求め、提案を拒否している。

 現在すでにゴミ処分場がある国立公園内に新たな処分場を建設する計画をめぐり、抗議する住民のデモと警官隊が今週に入り、ナポリ一帯で衝突している。

 衝突の激化を受けて開かれた緊急閣議後、ベルルスコーニ首相は記者会見し、「政府はテルツィーニョ(Terzigno)に総額1400万ユーロの補償金を支払えると約束する」と発表した。

 しかし、地元自治体首長らは「いかなる代償を払っても自分たちの地区を守る」と、提案を拒否している。

 計画は、古代都市ポンペイ(Pompeii)を壊滅させた噴火で知られるベスビオ(Vesuvius)火山の中腹にある国立公園内に、新たな「カヴァ・ヴィッティエッロ(Cava Vitiello)処分場」を作るというものだが、この地区にはすでに処分場がある。

 ナポリ地区のゴミ処分は長らく問題となっているが、ベルルスコーニ首相は問題解決を2008年の選挙で公約に掲げており、公約違反だという批判の声もあがっている。


http://www.afpbb.com/article/politics/2768968/6360914
posted by gossip at 17:49| Comment(0) | 地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月22日

ごみ処分場反対デモと機動隊が衝突、イタリア

イタリア・ナポリ(Naples)郊外で21日、古代都市ポンペイ(Pompeii)を壊滅させた噴火で知られるベスビオ(Vesuvius)火山の中腹に欧州最大のごみ処分場を作る計画に反対する住民のデモが暴徒化して機動隊と衝突、警官20人が負傷した。政府は対応を迫られ、22日に緊急会議を開く。

 住民らは警官隊に投石したほか、警察車両8台やごみ収集車5台など計16台の車に放火するなどして破壊した。デモ参加者の負傷者数については発表されていない。

 デモが行われたのはナポリ郊外の小さな街、ボスコレアーレ(Boscoreale)。現在すでにごみ処分場があるところへ、主にナポリ市のごみを持ち込むために300万トンの容量をもつ欧州最大規模の処分場を作る計画で、地元自治体が着手を決定したことに住民の抗議が広がっている。

 前夜にも近隣の街テルツィーニョ(Terzigno)で女性や子どもを含む住民数百人がデモを行い、警官隊と衝突した。


http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2768179/6353038
posted by gossip at 11:14| Comment(0) | 地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミニスカート禁止令 イタリアの市長が提案、罰金5万円超 議会で討議へ

 イタリア南部のカステラマーレディスタビア市のルイジ・ボッビオ市長は、女性が街中でミニスカートや胸元が大きく開いた服を着ることを禁じる規則案を作り、25日から市議会で討議することを決めた。同国主要メディアが21日伝えた。

 市議会が同意し規則となれば、違反者には最大5百ユーロ(約5万7千円)の罰金が科される。地元のカトリック教会は賛意を示したが、野党の女性市議会議員らは「女性の自由を束縛する」と猛反発、市議会前での座り込みなどを計画している。

 市長は男性で、規則案策定の理由について「(街の)品位を取り戻すため」と主張。尻の一部が見えてしまうほど腰の低い位置ではくジーンズの着用や、公共の公園でのサッカー、教会に対する侮辱の言葉も禁ずるとしている。

 同市はナポリ近郊にあり人口約6万4千人。


http://sankei.jp.msn.com/world/europe/101022/erp1010221009002-n1.htm
posted by gossip at 10:07| Comment(0) | 地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

厳格すぎる市長“ミニスカ&胸チラ規制法”を提案

 イタリア南部のカステラマーレディスタビア市のルイジ・ボッビオ市長は、女性が街中でミニスカートや胸元が大きく開いた服を着ることを禁じる規則案を作り、25日から市議会で討議することを決めた。同国主要メディアが21日伝えた。

 市議会が同意し規則となれば、違反者には最大500ユーロ(約5万7千円)の罰金が科される。地元のカトリック教会は賛意を示したが、野党の女性市議会議員らは「女性の自由を束縛する」と猛反発、市議会前での座り込みなどを計画している。

 市長は男性で、規則案策定の理由について「(街の)品位を取り戻すため」と主張。尻の一部が見えてしまうほど腰の低い位置ではくジーンズの着用や、公共の公園でのサッカー、教会に対する侮辱の言葉も禁ずるとしている。

 同市はナポリ近郊にあり人口約6万4千人。市長は中道右派与党、自由国民出身で、昨年も公共の建物に入る際に「品格のある服装」をしなければならないとの規則を提案、議会で承認された。


http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20101022014.html
posted by gossip at 09:32| Comment(0) | 地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナポリの「ごみ騒動」激化=処理場反対派が警官と衝突−伊

 イタリア南部の観光都市ナポリで21日、ごみ処理場の建設に反対する住民と警官隊が衝突し、地元メディアによると警官1人が負傷、住民2人が一時身柄を拘束された。同市では9月以来、ごみ収集業者組合のストライキで大量の生活ごみが路上に放置されており、「ごみ騒動」は一段とエスカレートしそうだ。

 ナポリ一帯では慢性的にごみ処理場が不足。地元自治体は郊外に新処理場の建設を計画しているが、付近の住民が強硬に反対。ごみ収集車が放火される騒ぎも起きていた。


http://www.jiji.com/jc/zc?k=201010/2010102200059
posted by gossip at 06:00| Comment(0) | 地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月30日

「挑発的すぎる!」中指を立てた手の彫刻が証券取引所に設置され批判を浴びる

中指を立てた手の形は、特にアメリカでは侮蔑の表現とされていることは、ご存知の通りだと思います。

イタリア・ミラノ証券取引所の正面に、なんと高さ11メートルの巨大な中指を立てた手の彫刻が展示され、挑発的すぎではないかと物議をかもしています。

手の像は大理石で出来ており、イタリア人アーティストのマウリツィオ・カテラン氏によるもの。

高々と天に向けられた中指。

この像は、カテラン氏による回顧展の一環で、10月3日まで展示されるとのこと。

証券取引所のような公共の場に、このような挑発的な作品を設置したことに対し、政治家など各方面から批判の声が上がっているようです。

カテラン氏は過去にもローマ法王が隕石にぶち当たった彫刻などを発表している人物で、今回もお騒がせといったところですが……。

むしろ証券取引所の責任者が、よくこの像の設置を許可したものだと思います。


http://labaq.com/archives/51507576.html
posted by gossip at 15:18| Comment(0) | 地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月29日

ミラノ証取前に「中指立てた手」の彫像、挑発的作品で論議呼ぶ

 イタリアのミラノ証券取引所の前に、大理石でできた、中指を立てた手の彫刻が登場し、論議を呼んでいる。

 高さ11メートルのこの彫刻は、現代アートのイタリア人芸術家マウリツィオ・カテラン氏の回顧展「Against Ideologies(イデオロギーに逆らって)」の一環として展示されたもの。

 証券取引所のような公共スペースにおける挑発的な作品の設置をめぐっては、地元政治家や有識者から批判の声が上がっている。

 カテラン氏が「想像力」を主題に手掛けたと語るこの作品は、10月3日まで同証取前に展示される予定。

 カテラン氏は、これまでにも隕石(いんせき)が当たったローマ法王ヨハネ・パウロ2世の彫刻や、3体の子どもの操り人形を木の枝に吊るした展示物など、問題視される作品を発表している。


http://sankei.jp.msn.com/world/europe/100929/erp1009291618011-n1.htm
posted by gossip at 16:16| Comment(0) | 地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月28日

ミラノ証取前に「中指立てた手」の彫像、挑発的作品で論議呼ぶ

 イタリアのミラノ証券取引所の前に、大理石でできた、中指を立てた手の彫刻が登場し、論議を呼んでいる。

 高さ11メートルのこの彫刻は、現代アートのイタリア人芸術家マウリツィオ・カテラン氏の回顧展「Against Ideologies(イデオロギーに逆らって)」の一環として展示されたもの。

 証券取引所のような公共スペースにおける挑発的な作品の設置をめぐっては、地元政治家や有識者から批判の声が上がっている。

 カテラン氏が「想像力」を主題に手掛けたと語るこの作品は、10月3日まで同証取前に展示される予定。

 カテラン氏は、これまでにも隕石(いんせき)が当たったローマ法王ヨハネ・パウロ2世の彫刻や、3体の子どもの操り人形を木の枝に吊るした展示物など、問題視される作品を発表している。


http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-17406820100928
posted by gossip at 16:34| Comment(0) | 地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月24日

ナポリごみ問題、混乱続く スト解除後、収集車放火も

 イタリア南部ナポリでごみ収集業者組合のストにより大量の家庭ごみが路上に放置されている問題で、組合は市の説得を受けストを解除、23日夜から24日未明にかけ収集を再開した。一方で、同市郊外のごみ処理場付近で処理場拡張に反対する住民が収集車に放火、2台が全焼するなど、なお混乱は続いている。

 国営イタリア放送が伝えた。市は4日程度で路上に山積みとなったごみを撤去するとしているが、約50台の収集車が破壊され使える車が少ないこともあり、問題長期化を懸念する声も強い。

 ストを中止、ごみをベズビオ山のふもとにある処理場に運ぼうとした収集車が攻撃された。警察隊と住民が衝突し、警官1人がけがをしたほか住民にも逮捕者が出た。


http://www.47news.jp/CN/201009/CN2010092401001044.html
posted by gossip at 21:24| Comment(0) | 地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月17日

ローマ教皇専用ベンツの形状がまるで電話ボックス

ローマ教皇のお顔を拝謁しやすいように、という仕様なんですよね?

このローマ教皇専用公用車、一般的に「パパモビル」って呼ばれているそうです。「パパ」が教皇を指す単語だとは分かっていても、なんだかかわいい語感です。そしてこの公用車も、世界各地の大統領や天皇のための公用車と比べても、ダントツでかわいい形状をしています。しかし厚さ5センチの防弾装甲が施されているなど、抜かりはありません。

日本ではあまりにも見慣れないこのベンツの形に、

* 空気抵抗とかそんなもん関係ないぜ!!!って設計だな
* サファリパークに向いてそうだな
* 何かに似てると思ったら食パンマン号だった


といった自由なコメントが。

参考として左から順に、日本の天皇、アメリカの大統領、フランスの大統領、イギリスのエリザベス女王の公用車。

やっぱりパパモビルは異彩を放ってますね!


http://www.gizmodo.jp/2010/09/post_7670.html
posted by gossip at 12:00| Comment(0) | 地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月08日

伝統衣装で華やかに、ベネチアでレガッタ開催

イタリア・ベネチア(Venice)のカナル・グランデ(Grand Canal、大運河)で5日、伝統衣装を着た人々がボートをこぐ姿が見られた。


http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2753840/6151792
posted by gossip at 07:33| Comment(0) | 地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月25日

ローマ時代の胸像見つかる、アルバニア

アルバニアのアポロニア(Apollonia)遺跡で、2世紀ローマ帝国時代の胸像が完全な状態で発掘された。過去50年の同国の考古学史上、もっとも重要な発見だという。仏・アルバニアの合同発掘チームを率いる仏のジャンリュック・ランボレー(Jean-Luc Lamboley)教授が20日、明らかにした。

 胸像は、無名の運動選手の像で、首都ティラナ(Tirana)から約120キロ離れたアポロニア遺跡で見つかった。

 アポロニアはアルバニア国内最大の遺跡で、遺跡の上に近代の町が建設されなかったため、最高の発掘条件に恵まれている。

 合同発掘チームは、アポロニアが紀元前7世紀に建設されたギリシャの植民地から3世紀のローマ帝国の入植地までいかに発展していったかについて研究している。


http://www.afpbb.com/article/life-culture/culture-arts/2750417/6095989
posted by gossip at 07:42| Comment(0) | 地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。