2010年09月16日

結成50周年、伊空軍「フレッチェ・トリコローリ」がアクロバット飛行

イタリア空軍のアクロバット飛行隊「フレッチェ・トリコローリ(Frecce tricolori、3色の矢の意)」はイタリア・リボルト(Rivolto)空軍基地で12日、結成50周年を記念する航空ショーでアクロバット飛行を披露した。


http://www.afpbb.com/article/politics/2756170/6183969
posted by gossip at 11:10| Comment(0) | 軍隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月03日

フリゲート艦「カイオ・デュイリオ」の引渡し式典が行われる

今日、フリゲート艦「カイオ・デュイリオ」のイタリア海軍への引渡し式典がラスペチア造船所で行われました。

「カイオ・デュイリオ」は徹底的な試験運転、そして各種システムの追加検査が行われ、完全な状態で伊海軍に引き渡されます。

彼女の姉妹船は「アンドレア・ドーリア」です。 アンドレア・ドーリアは2007年12月に海軍に引き渡された船で、同じくラスペチア造船所で建造されました。 これはフランスとの協定により共同で進められる「「Orizzonte(地平線)計画」によるものです。

カイオ・デュイリオは全長153m、排水量は7,050トンです。 最高速度は29ノット、最大230人の乗組員を収容できます。

イタリア海軍ではカイオ・デュイリオという名は特別なものです。 事実、今回引き渡されるカイオ・デュイリオは4代目です。

紀元前260年、ミラッツォの戦いでの勝利に由来しています。


http://www.defense-aerospace.com/article-view/release/104324/final-horizon_class-frigate-delivered-to-italian-navy.html
posted by gossip at 00:00| Comment(0) | 軍隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月25日

イタリア空軍、セレックス社と防空用フェイズドアレイレーダーの納入契約を結ぶ。総額350億円規模

3月24日、イタリア空軍はセレックス社とDバンドレーダー導入に関する2億6000万ユーロ(3億5350万ドル)の契約を結びました。 2014年までに12 RAT 31フェイズドアレイ方式の長距離空中監視レーダーが引き渡される予定です。

情報筋によると、伊空軍は移動式の防空レーダーも注文すると言われています。

この新型レーダーは1980〜1990年代の旧式のS-バンドRAT31SLレーダーと交換されるでしょう。 これに関連してSバンドにおける高速無線インターネットが可能となります。

セレックス社はこれまで、20RAT31フェイズドアレイレーダーが8つの国に購入された言います。 例えば2台のDADRシステムがドイツの軍に納入されています。

またイタリア陸軍と海軍もセレックス社とのレーダー納入契約を結ぶとのことです。


http://www.defensenews.com/story.php?i=4006074&c=EUR&s=AIR
posted by gossip at 14:18| Comment(0) | 軍隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月27日

韓国製訓練機T50、UAE輸出ならず

イタリアに負け、4年間の努力が「水の泡」


 韓国製高等訓練機「T50」のアラブ首長国連邦(UAE)への輸出を目指し、韓国政府は4年越しでプロジェクトを進めてきたが、実現には至らなかった。

 知識経済部が26日に明らかにしたところによると、アブダビで開催されている国際国防展示会(IDEX)で、UAE政府は空軍訓練機としてイタリア製「M346」48台の購入を決め、韓国航空宇宙産業(KAI)のT50は選ばれなかったという。

 韓国政府は2005年からT50のUAE輸出を推進してきたが、昨年11月にT50とM346がUAEの次世代訓練機の候補として選ばれ、競合していた。韓国政府はT50受注のため、UAE側に約30の経済協力プロジェクト推進などを提案、李明博(イ・ミョンバク)大統領やキム・ヒョンオ国会議長も自ら受注支援活動を展開した。だが、イタリア政府はこのほど航空部門を中心に約20億ドル(約1970億円)という大型協力事業を提案、形勢を逆転させた。

 これを受け、韓国政府はシンガポールやポーランドなどに対し、T50の輸出を推進する方針だ。シンガポールは6月に提案書を受け付け、年末ごろに機種を決定する予定。数は16−30機程度になるという。


http://www.chosunonline.com/news/20090227000019
posted by gossip at 09:00| Comment(0) | 軍隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月26日

高等訓練機T-50のUAE販売挫折 イタリア製M-346を選定

 4年間余り進行されてきた高等訓練機T-50のアラブ・エミレーツ(UAE)輸出が結局挫折した。

 26日、知識経済部によるとUAE側は現在アブダビで行われている国際国防展示会(IDEX)で自国空軍の訓練機種にイタリア製M-346(48機)を選定して、 KAIのT-50が脱落したことを発表した。

 政府は2005年からT-50のUAE輸出を推進してきて、去年11月にはT-50とM-346がUAEの次世代訓練機候補に選定されて競合をしてきたが最近になって劣勢を見せていた。

 私たち側はこれまでT-50販売のためにUAE側に30個ほどの経済協力プロジェクト推進などを提案して、イ・ミョンバク大統領とキム・ヒョンオ国会議長が出るなど積極的な受注活動を展開してきた。

 UAE空軍側もT-50の性能を高く評価したが、イタリア側は航空部門を中心に20億ドル規模の大型協力事業を提案して戦況を逆転させたと伝えられた。

 同時にT-50が有事時に戦闘機として活用できるように設計されて、価格が高い上に大規模防衛物資の性格上訓練機自らの性能や価格の他にその他要因も機種選定に大きく作用するた
め最終受注で苦杯を飲んだ。

 政府とKAIはUAE輸出が挫折した代わりにシンガポールとポーランドなど数ヶ国でT-50の輸出を推進することにした。

 シンガポールの場合、今年6月頃提案書を受け付けて年末までには機種を決める予定で、16〜30機ほどの訓練機を必要としている。

 チョン・ジェフン状況部主力産業政策官は「今回の経験を鏡として訓練機交替需要がある国々にT-50が機種に選定されるように最善の努力を傾ける」と話した。


http://www.yonhapnews.co.kr/economy/2009/02/26/0301000000AKR20090226114900003.HTML
posted by gossip at 11:56| Comment(0) | 軍隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月19日

アフガンに500人増派へ

【ニューデリー18日時事】イタリアのフラティニ外相は18日、訪問先のアフガニスタンの首都カブールで記者会見し、同国に4月末までに兵士約500人を増派する方針を明らかにした。ロイター通信が伝えた。

 同外相によれば、イタリアはこれに加えてさらに、8月20日に予定されるアフガン大統領選挙期間中の治安維持のために200〜250人の追加派兵も検討中という。


http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2009021900014
posted by gossip at 00:40| Comment(0) | 軍隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

治安維持のため都市部に軍隊3万人を展開=イタリア

イタリアのベルルスコーニ首相は24日、犯罪活動への取り締まりを強化するため、警察をサポートし都市の治安を守る軍隊の人数を3万人に増加させると発表した。

ベルルスコーニ氏は昨年首相に就任後、すでに軍人3000人を都市のパトロールに参加させている。

ローマでは今月に入って以降、3件の悪質な強姦事件が発生。このことが、同氏に軍隊増員を決定させたようだ。しかし野党側は、当初3000人を都市の治安維持に投入したが、予想されていた成果が挙げられていないと非難している。

ある野党代表は、次のように述べている。「このように大規模な軍隊の投入は前例がなく、代償も高い。それに、軍隊を大量に投入することで、我が国が厳戒態勢に入っていると思われてしまう」。

また警察の労働組合も、犯罪活動の取り締まりに軍隊を動員することに疑問を呈している。「犯罪の摘発に必要なのは軍事力ではなくて情報力と調査力」と考えているからだ。


http://news.livedoor.com/article/detail/3990750/
posted by gossip at 21:13| Comment(0) | 軍隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月19日

イタリアの練習戦闘機が愛称募集、「ピザ・パイ」も

[ミラノ 17」日 ロイター] イタリアの航空機メーカーが練習戦闘機「M─346」の愛称をインターネット上で募集しており、これまでに2000件を超えるアイデアが寄せられている。

 航空宇宙防衛大手フィンメカニカ(SIFI.MI: 株価, 企業情報, レポート)傘下のアレーニア・アエルマッキは、まだ愛称の候補を何も明かしてはいないが、ネット上には「ピザ・パイ」や「イタリアの種馬」、「ターボ付きハト」といったアイデアも出ている。

 11月23日までの1カ月間にアイデアを受け付ける今回の愛称募集には、全体の約70%がイタリア国内からの応募だが、英国や米国、カナダ、インドネシア、バーレーン、トルコといった国々からも反応があるという。

 ただ、飛行機の愛称には難しい側面もある。イタリアとスペイン、英国、ドイツが共同開発した戦闘機ユーロファイターの愛称は「タイフーン」だが、ドイツでは、第2次世界大戦で同国を攻撃した飛行機も「タイフーン」だったためにその愛称は使われていない。

 また、名前の普及がうまくいかないこともある。専門家によると、世界的に有名なF─16戦闘機の商標は「ファイティング・ファルコン」だが、その名で呼ぶ人はほとんどいないという。


http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-34981020081118
posted by gossip at 07:02| Comment(0) | 軍隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月24日

兵士5百人の特別機動隊をナポリへ派遣 伊南部のマフィア対策

(CNN) イタリア国防省は23日、マフィア犯罪の最近の増加を踏まえ、軍兵士500人から成る特別機動隊を発足させ、南部ナポリなどに暴力阻止のために派遣すると発表した。任務期間は約3カ月間で要所で犯罪発生に目を光らせる。

地元のANSA通信によると、イタリア南部の犯罪対策で軍兵士が派遣されるのは1992年に次いで2度目。同年にはシチリア島で、マフィア犯罪捜査を進める判事2人が殺害されていた。

ナポリでは今年9月中旬、犯罪組織シチリア・マフィアのナポリ版「カモッラ」構成員によるとみられるアフリカ系移民の大量殺人事件が発生した。また、娯楽センターの経営者が射殺される事件もあった。カモッラは麻薬取引、売春などに関与している。

イタリア政府は今夏、治安改善を図るため軍兵士約3千人を全国の主要都市に配備している。


http://www.cnn.co.jp/world/CNN200809240034.html
posted by gossip at 20:06| Comment(0) | 軍隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月06日

路上の犯罪対策で軍兵士を各市に配置、3千人と伊政府

ローマ――イタリア国防省は6日までに、増加する路上犯罪対策として数千人規模の兵士を全国の主要都市に配備し、警官に協力させると発表した。首都ローマでは、地下鉄や鉄道駅、移民関連施設などに400人を派遣する。

ミラノでは約150人が作戦を既に開始、観光地でもある有名やカトリック教会、米総領事館、ユダヤ教教会などで目を光らせている。この他、ナポリ、ボローニャ、パレルモなどにも配備されている。

この作戦に展開される兵士は最終的に3千人になる見通し。

兵士動員は、中道右派政権率いるベルルスコーニ首相が移民規制の厳格化と共に提案していたもの。同首相は今年4月の総選挙で、犯罪対策、治安改善を主要公約にしていた。移民増加が犯罪多発につながっているとの見方も出ている。

野党などは、街頭を警戒する兵士の姿は観光客、住民をおびえさせると批判しているが、国防省当局者は住民の治安の懸念に応えた措置と反論している。


http://www.cnn.co.jp/world/CNN200808060027.html
posted by gossip at 18:05| Comment(0) | 軍隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月04日

イタリア、治安対策で各地に兵士 観光業界「印象悪い」

【ローマ=喜田尚】イタリア政府は4日からローマ、ミラノ、ナポリなどの都市部に軍兵士を配置し、一般の治安監視に当たらせる。「治安悪化への市民の不安に応える」との理由だが、シーズンを迎えた観光業界からは「イタリアのイメージが傷つく」と戸惑いの声があがる。警察官を増強しないままの軍展開に、野党は「市民の不安をあおるだけ」と反発している。

 都市部への部隊配置は、犯罪対策強化を掲げて4月の総選挙に圧勝したベルルスコーニ政権が出した一連の治安関連法案の一部。先月、議会で成立した。

 配置されるのは陸海空軍と警察軍「カラビニエリ」の兵士計3千人。うち千人は10都市で路上パトロールにあたり、残りの2千人は16都市で「要注意施設」の警護にあたる。ベルルスコーニ政権は「犯罪増加」の理由の一つに不法移民増加を挙げており、「要注意施設」には各地の不法移民拘束施設が含まれている。

 ANSA通信によると、パトロール部隊は小火器を携行、警護部隊は機関銃などで武装するという。最大野党民主党の影の内閣「内相」のミンニティ氏は「イタリアが制御不能の治安危機に陥っているかのように見える」と批判する。

 最近の世論調査では「治安が悪化した」との声が多数を占めるが、実際に犯罪が急増しているかどうかには疑問の声もある。政府統計局は5月、「窃盗などが増える一方、殺人や麻薬関連犯罪は減っている」と指摘していた。


http://www.asahi.com/international/update/0804/TKY200808040103.html

posted by gossip at 11:36| Comment(0) | 軍隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。