2010年11月20日

フェースブック閲覧でぜんそく発作は起こるか? 伊研究

 ネット上の友人たちが原因でぜんそくが引き起こされることはあるだろうか?――19日の英医学専門誌「ランセット(The Lancet)」に掲載されたケーススタディ(事例研究)の報告書が疑問を提起している。

 報告書は、イタリア、ナポリ(Naples)のジェンナーロ・ダマト(Gennaro D'Amato)医師が率いる医師5人の研究チームによるもの。

 医師らは、18歳の男性が、夏に突然ぜんそく発作を起こした事例を紹介した。この男性は、ぜんそくの持病があるものの、夏の間に発作を起こすことはまれだったという。

 男性の母親によると当時この男性は恋人と別れ、ふさぎこんでいた。

 一方、「元カノ」の女性は、米SNSフェースブック(Facebook)で男性を「フレンド」リストから削除し、新たに多数の若い男性を「フレンド」登録していた。

 もう一度彼女の写真が見たいと思った男性は、フェースブックで新しいアカウントを取得し、別人として「元カノ」とフレンド登録することに成功したという。

■ログインすると呼吸困難に

 この出来事に興味を持った医師らは、フェースブックにアクセスする際に、呼気流量を測定するマスクをつけるよう男性に頼んだ。

 結果、男性はログインするやいなや、呼吸量が大幅に低下することが測定された。多いときで20%以上の低下だった。

 その後、男性は精神科医の助言を受け、フェースブックにアクセスすることを止めた。すると、ぜんそくの発作も収まったという。

 医師らは、フェースブックにログインすることのストレスが、ぜんそくを引き起こしていたと結論づけた。元カノの写真を見たり会話したりする可能性が、文字通り男性を呼吸困難に陥れていたのだ。


http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2776194/6488858
posted by gossip at 11:41| Comment(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月17日

新型インフル:韓国で今年初の死者

 韓国で今年初めて、新型インフルエンザによる死者が発生した。保健福祉部は16日、先月末にイタリア・ローマから帰国した女優ユ・ドンスクさん(37)が、新型インフルエンザのため、今月11日にソウル市内の高麗大附属安岩病院で死亡した、と発表した。

 保健福祉部によると、ユさんは帰国後、検疫の際に発熱が確認され、釜山市の自宅へ帰った後、極度の疲れや筋肉痛、呼吸困難などの症状を訴え、近くの病院で診察を受けたが、症状が悪化したため、高麗大附属安岩病院に入院した。医師が新型インフルエンザと診断し、タミフルを投与したが、入院から九日後に死亡した。

 同部は、「昨年のように新型インフルエンザの患者が大量に発生する可能性は低いものの、韓国国内での感染事例が相次いで報告されているため、予防接種を受けることが望ましい」と話した。

 死亡したユさんは、劇団で長く活動した後、16日に公開された低予算映画『心臓が鼓動する』で主演を務めた。


http://www.chosunonline.com/news/20101117000045
posted by gossip at 13:55| Comment(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月04日

ロボットを使ったすい臓移植手術に成功、合併症もなし イタリア

 イタリアのピサ大学(University of Pisa)医学部の医療チームは3日、世界初の手術支援ロボットによるすい臓移植手術に成功したと発表した。

 手術は、同大学病院で9月27日、過去に腎臓の移植を受けたことのある1型糖尿病患者の女性(43)に対して行われた。複数の腕を持つ大型医療ロボット「ダビンチ(Da Vinci)SHDI」を使って体の3か所に小さな穴を開け、7センチほど切開して移植。所要時間は3時間で、合併症はなく、女性は前月30日に退院したという。

 従来型のすい臓移植は、臓器の血管構造から患者の体への負担(侵襲)が大きくならざるを得ず、合併症の問題もあった。医療チームは、ロボットを使った手術は侵襲性が低く、合併症の危険も軽減されるとして、「糖尿病の治療に新たな地平が開かれた」と話している。


http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2772441/6405857
posted by gossip at 12:01| Comment(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

<体のフシギ>妻から「誘われない」男性、心臓病や脳卒中のリスク2.6倍に―英紙

2010年5月9日、英紙デイリー・メールによれば、妻に「性的対象」として見られていない男性はそうでない男性と比べ、心臓病や脳卒中の危険が2.6倍も高くなることが分かった。山西晩報が伝えた。

イタリアで1687人の男性を8年にわたって追跡調査した。その結果、直近3か月以内に妻からセックスを求められたことが全くない或いは少ない男性は、妻から愛されていないと強く感じ、常に求められている男性と比べ、心臓病や脳卒中の危険が2.6倍高かった。これは、喫煙や肥満など不健康な要素が身体にもたらす危険とほぼ同レベルだという。調査は、「『愛されている』という感覚は生理的にも心理的にも非常に重要」と指摘した。妻から性的対象として見られることは、男性の健康を高める「秘密兵器」になるようだ。

世の奥様方、旦那様に長生きして欲しかったら、たまには積極的に誘ってあげるのも良いのでは?


http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=42018
posted by gossip at 23:36| Comment(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月12日

インフル対策の聖水用給水器、世界中から注文

[ローマ 11日 ロイター] 新型インフルエンザ(H1N1型)への感染を怖れるカトリック教徒らのために、聖水を流すセンサー付きの給水器がイタリアで開発された。 

 カトリック教徒らは、通常教会を訪れた際に聖水盤に手を浸し十字を切るが、新型インフルエンザへの感染で約15人が死亡したイタリアでは、慣習の自粛が広がっていた。

 テラコッタでできたこの給水器を採用したイタリア北部の教会の神父は、「当初この技術革新に少し戸惑いも見られたが、喜んで使ってもらえている。この教区の信者らはもう慣れた」と話した。

 開発者のルチアーノ・マラベーゼ氏は「ミラノの大聖堂などいくつかの教会で聖水盤が使われなくなったというニュースが流れて以降、需要はうなぎ上りだ。世界中から注文を受けている」と明かしている。


http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-12435120091112
posted by gossip at 17:26| Comment(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

豚肉からの新型インフル感染リスク、「無視できる」

[ローマ 5日 ロイター] イタリアのローマにある国連食糧農業機関(FAO)の担当者は5日、新型インフルエンザ(H1N1型)に感染した豚肉を食べることにより人々が同インフルエンザに感染する可能性は、「完全に無視できる」程度との見方を示した。

 FAOの獣医学部門を率いるジョセフ・ドメネク氏は、生きた豚と接触する場合には、たとえ豚にウイルス感染の兆候がなくても保護服を着用するなどの予防措置を取るのが賢明だと説明。

 その上で、H5N1型鳥インフルエンザ対応の場合とは異なり、今回の新型インフルエンザでは、農場など豚の近くに住む人々に特段の感染の危険はないと述べた。


http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-37851620090506
posted by gossip at 14:12| Comment(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月22日

「死なせて」大統領に訴え 難病で全身まひのイタリア男性

 体を動かすための神経が徐々に侵され、全身がまひ状態となる難病、筋萎縮(いしゅく)性側索硬化症(ALS)にかかったイタリア人男性パオロ・ラバジンさん(49)が安楽死を求めるビデオメッセージを作成、21日にナポリターノ大統領と上下両院議長に送った。イタリア主要メディアが伝えた。

 イタリアでは2月、交通事故で植物状態となり、家族の要請で延命措置を停止された女性が死亡した事件が国民に衝撃を与え、安楽死を認める法律制定が議論された。しかし、ローマ法王庁(バチカン)の反発などから、国会では逆に安楽死を明確に禁じる法律が提出され先月上院を通過した。

 ラバジンさんは約10年前からALSにかかり、現在は口と目以外は動かせず寝たきり状態。ビデオでは「(死にたいとの)自分の意思を尊重してほしい」と述べ、栄養補給を停止する権利を与えるよう求めている。


http://sankei.jp.msn.com/world/europe/090422/erp0904220803004-n1.htm
posted by gossip at 08:01| Comment(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月19日

HIV感染知りながら関係 伊女性50人「愛のため」

 イタリアのエイズウイルス(HIV)感染者支援団体「NPS」は18日、同国内で毎年少なくとも約30人から50人の女性が、夫や恋人などパートナーの男性のHIV感染を知りながら避妊具なしに性交渉し、自分も感染しているとの調査結果を発表した。同国の通信社ADNクロノスが伝えた。
 こうした女性らは避妊具を使わないのは「愛を分かち合うため」としており、妊娠し子供がHIVに感染するケースもあった。NPSは「社会的な大問題」として対策の必要性を訴えた。
 NPSによると、こうした行為に及ぶのは大半が女性で、男性はパートナーの感染を知ると関係を絶つことが多かった。NPSは支援活動の中で得た情報を基にこうした女性の数をまとめており、実際の数はさらに膨らむ可能性があるという。
 国連合同エイズ計画(UNAIDS)などによると、2007年のイタリアのHIV感染者は約15万人で近年、年間約4000人のペースで感染者数が増加している。


http://sankei.jp.msn.com/world/europe/090319/erp0903191024002-n1.htm
posted by gossip at 10:23| Comment(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月04日

「3人のクローンベビーを誕生させた」、イタリアの有名婦人科医が告白

【3月4日 AFP】更年期後の女性の妊娠・出産を成功させて物議をかもしたイタリアの婦人科医セベリノ・アンティノリ(Severino Antinori)氏が、4日発売の週刊誌「Oggi」掲載のインタビューで、これまでに3人のクローンベビーを誕生させたことを明らかにした。

 同氏によると、ヒト・クローン技術で誕生した赤ちゃんは、男の子2人、女の子1人で、いずれも健康な状態で生まれた。3人とも現在9歳で、東欧に暮らし、健康状態は良好という。

 同氏は本件に関する証拠は提示しなかったものの、「無精子症(不妊)の男性3人の細胞で、クローンを作成した。女性の卵細胞を『核移植』と呼ばれる手法により、研究室で受精させた」とし、「これ以上は、家族のプライバシーの問題もあり、申し上げられない」と続けた。

 使用した手法は、1996年にクローン羊「ドリー(Dolly)」の誕生に成功した際に使用された技術を「改良」したものだという。

「カトリックの影響が強いイタリアでは、クローン人間の作製は禁止されているのでは」との質問には、「クローンのことより、革新的な治療法や遺伝子記憶のことを語りたい」とかわした。

 アンティノリ氏は1994年、63歳の女性の妊娠・出産を成功させ、一躍有名になった。2週間前には、夫が脳腫瘍で昏睡状態に陥っているという女性を人工的に妊娠させる試みを発表し、激しい議論を呼んでいる。成功すれば、この種の事例としてはイタリア初となる。


http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2577944/3878136
posted by gossip at 11:24| Comment(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月30日

漢方薬をバイアグラに代用できる可能性=伊研究

[ロンドン 29日 ロイター] イタリアの研究者らは29日、中国漢方で使われる「ホーニー・ゴート・ウィード」という薬草がバイアグラの代替物になる可能性があるとの見解を明らかにした。

 この薬草は古くから天然の催淫薬として知られている。ミラノ大の研究者マリオ・デラグリ氏は、さらなる試験が必要だが、男性の性的不能の新たな治療薬につながる可能性を秘めていると述べた。

 研究チームは、この薬草に含まれるイカリインから合成した成分がバイアグラと同様に勃起を抑制する酵素を阻害することを確認した。特定の酵素により正確に作用するため、バイアグラに比べ副作用が少なくなる可能性もあるとしている。


http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-34008220080930
posted by gossip at 13:24| Comment(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。