2011年03月21日

これが宇宙の形?古代ローマ人が作った宇宙模型が意外だと話題に

人類が発祥して以来、この世がどんな形をしているのか探求されてきました。

学問の発達と共に宇宙の様々な現象が判明してきましたが、現在支持されている仮説もどれだけ正解に近いのかすらも定かではなく、宇宙はいまだ不思議と謎に満ちています。

さて、古代ローマ人が信じた、宇宙はこんな形だという当時の模型が海外サイトで話題を呼んでいました。


http://labaq.com/archives/51639814.html
posted by gossip at 19:55| Comment(0) | おもしろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月27日

タブーを可視化したイタリアのウェブマガジン「TOILET PAPER(トイレットペーパー)」

 まだコンテンツはそう多くはないのですが、画像と動画により、タブーを可視化しようという試みで作られたっぽいイタリアのウェブマガジンだそうです。シュールで視覚的な画像は注意深くみるとタブーがたくさん潜んでいます。


http://www.zaeega.com/archives/51354447.html
posted by gossip at 00:00| Comment(0) | おもしろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月17日

イタリアにある活火山、エトナ山の美しい写真!

1月12日、ヨーロッパで一番大きな活火山、イタリアのエトナ山で大規模な噴火が起き、2時間あまりにわたって溶岩を排出していたそうです。

エトナ山のすぐ近くには村がありますが、幸運なことに、けが人などはでなかったそうです。住人の中には目の前で起きている噴火の様子をビデオや写真に撮る強者がいたようで、ネット上に動画や写真があふれています。

米GIZMODOの記者のお気に入りはIvan IraciのFlickrにupされてる下の写真だそうです。
確かにキレイですけど、私なら写真なんか撮ってないで逃げ出すだろうなーと思ってしまいました。


http://www.gizmodo.jp/2011/01/post_8335.html
posted by gossip at 12:30| Comment(0) | おもしろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月11日

命を救ったくしゃみ、頭部に受けた銃弾を鼻から吐き出し助かった男性

ナポリのお正月は命がけ。大みそかの夜に街へ繰り出しお祭り騒ぎで盛大に新年を祝う人々の中には、年が明けた瞬間に発砲する人も多く、今年も3人が流れ弾に当たり、男性1名が死亡しています。

そのナポリで新年の流れ弾に当たってしまった3名のうち1人、28歳のDarco Sangermano氏は、頭部に銃弾を受けた直後にくしゃみで鼻から弾を噴き出し、ラッキーなのかアンラッキーなのか分かりませんがともかく「新年の奇跡」と医師たちを驚かせたそうです。

新年を祝うためトリノからナポリを訪れていた28歳の男性Darco Sangermano氏。一緒に街を歩いていたガールフレンドは、「大みそかの夜にわたしたちが街を歩いていると、突然バンって音がして、彼が『頭が痛い』と言うので振り向くと、血まみれになっていたの」と証言しています。

すぐに病院へ運ばれたSangermano氏。意識ははっきりしていて、22口径の銃弾をくしゃみで吐き出し居合わせた人々を驚かせたそうです。「ひどい頭痛がする」という以外は特に痛みを訴えることもなく、後遺症もなく順調に回復する見込みとのこと。

Sangermano氏の頭の右側から侵入した銃弾は、筋肉を貫き側頭骨を砕くと、右目の裏側を通過し鼻の骨に当たり、鼻孔にはまったところをくしゃみにより吐き出されたそうです。検査のあとSangermano氏はすぐに退院し、地元トリノへ帰ることができました。

その後Sangermano氏はトリノのモリネット病院で骨の破片などを取り除く手術を受け、すでに退院しているそうです。

「こんな話は聞いたことがありません。非常に珍しい、わたしの知る限りでは初めての症例で、少なくともイタリアでは前例がないことでしょう。彼は本当にラッキーです」と執刀したSid Berrone教授は語っています。「ほんのちょっとの差で致命傷となっていたはずですが、こめかみから入った銃弾が目の裏を通過し鼻孔につかえ、くしゃみで排出されました。驚くべきことです。今回の手術は骨の破片を取り除き傷口をきれいにするためのもので、後遺症もなく完全に回復する見込みです」とのことで、Sangermano氏は失明することもないそうです。


http://gigazine.net/news/20110111_sneeze_out_the_bullet/
posted by gossip at 12:00| Comment(0) | おもしろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月06日

メリークリスマス! 下着姿の女子ンセサイザー

あたし達で演奏してね。

下着姿のお姉さん7人がベッドに横たわるシンセサイザーThe Cup Size Choir。1人1音、お姉さん達に声をださせて演奏しましょう。7つのキーASDFGHJを使用して演奏します。録音もできますよ! イタリアのランジェリー会社La Senzaのクリスマスプロモーションサイト。現在はFlashヴァージョンのみですが、評判がよければFlash非サポート端末のためのヴァージョンも制作するそうです。

あ、あ、あっ...、まちがえた。「あ」じゃなくて、「らーっ」て言ってますね、お姉さんたち。


http://www.gizmodo.jp/2010/12/post_8111.html
posted by gossip at 10:00| Comment(0) | おもしろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月27日

金持ちの象徴はフェラーリだが、医師はベンツを選ぶ傾向に

“富裕層”のアイコンとして最大の威力を発揮するのがフェラーリだ。だが、富裕層にとってフェラーリがあらゆる点でアドバンテージになるわけではない。都内在住の歯科医が語る。

「横並び意識のある医療界ではフェラーリは敬遠されがち。学会出席の際に一人だけ目立つのは嫌ですから。やはり安全面からいって医師はベンツが定番です」

 フェラーリには、毀誉褒貶がついて回る。存在感をひと際放つ「お金持ちのアイコン」の宿命ともいえよう。同様の構図は六本木ヒルズにも当てはまる。


http://www.news-postseven.com/archives/20101127_6193.html
posted by gossip at 10:00| Comment(0) | おもしろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月18日

イタリアは郵便局も鉄道もマイペース!

郵便や電気・ガス、交通機関など、ライフラインを担うインフラが少しでも滞ると、日本では大問題になりますよね。でも、こういったことって海外ではわりとよくある話。僕らが訪れたイタリアでも、先進国とは思えないインフラ事情を目にしました。今回はそんなお話です。

郵便物不着、電車遅延は当たり前? 驚きの伊インフラ事情

郵便や電気・ガス、交通機関など、ライフラインを担うインフラが少しでも滞ると、日本では大問題になりますよね。でも、こういったことって海外ではわりとよくある話。僕らが訪れたイタリアでも、先進国とは思えないインフラ事情を目にしました。今回はそんなお話です。

まずは悪名高きイタリアの郵便事情。郵便局の仕事とは、荷物を集荷・配達することですが、イタリアでは郵便物がキチンと届かないことも多いようです。

イタリア在住の日本人にお話をうかがったところ、毎年送っている年始の挨拶ハガキは、配達人が"TO"と"FROM"を間違えたり、ポスト投函のはずなのに受取人拒否で戻ってきたりで、半数近くが届かないんだとか。さらに、通常5〜7日で到着するところ、3カ月以上経ってから到着することも…。これじゃ年始の挨拶にならないですよね。

加えて、手紙を出すために切手を買いに行ったときのこと。「切手が切れているので、ほかを当たってね!」と明るく追い返されたそうです。郵便局に切手がなければ、ほかにどこを当たればよいのやら(笑)。

郵便もそんな状態ですが、公共交通機関も大変です。イタリア国鉄によるストライキ(現地語で「ショーペロ」)は、もはやイタリアの風物詩ともいえるほど定着しています。ストライキといってもほとんどの場合は全線運休にはならず、大幅減便によってダイヤが乱れる程度なので、現地の人はまったくといっていいほど動揺しません。

聞いた話によると、労働者たちも「休めるからラッキー」といった感覚で参加しているようで、もはやストライキはお祭りのようなイベントなんだとか。このあたり、国民性があらわれていますよね。

海外にいると、日本で当たり前だったインフラやサービスが、どれだけありがたいものなのかを思い知らされます。几帳面で正確な日本人の気質と、ルーズだけど底抜けに明るいイタリア人気質、一体どっちが世界のスタンダードなんでしょうね?


http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/report/?id=20101118-00004227-r25
posted by gossip at 00:00| Comment(0) | おもしろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月16日

イタリアで絶対に言ってはいけない日本語「セガ」

セガ(SEGA)というと日本のみならず世界で名の知れているゲームメーカーだが、イタリアでその言葉はあまり使わないほうが良いかも知れない。イタリア語でセガは「自分で自分を慰める」という意味で、ストレートに言うとアレのことを意味するのだ。

イタリアではその言葉を相手を馬鹿にしたり侮辱するときに使うことも多く、「チェッソ!」(便所はあっちだ!)という言葉と同じレベルの言葉といえる。

しかしイタリアでもセガ製品はセガとして販売されているので、イタリア人がこの言葉を発するときはできるだけ発音を変えつつ、意味だけが通るように工夫して話している人もいるそうな。

セガという言葉は本来「ノコギリ」や「見る」という意味もあるので、スラングとして使わなければ特に意識する必要はないが、イタリア人の多くが「自分で自分を慰める」という意味を知っているので、やっぱりセガと言うのは恥ずかしい。くれぐれも「私はセガマニアです」なんて言わないように気を付けたいところだ。


http://rocketnews24.com/?p=48010
posted by gossip at 00:00| Comment(0) | おもしろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月11日

浮気ではなく、浮気を考えたという理由で結婚を取り消される…イタリア

本来カトリック教会では離婚を認めていないため、夫婦が別れるときには結婚そのものがなかったと考える婚姻の無効を求めることがあります。

無効を求める際の理由もいろいろとありますが、イタリアで浮気を実際にしたわけではなく、浮気することを考えたというだけで無効にされたケースがありました。

夫は実際に妻が他の男性と浮気したわけではないにもかかわらず、妻が浮気を考えたという理由で、教区裁判所に婚姻を無効にして欲しいと願い出ていました。

教区裁判所が夫の主張を認めたため妻は控訴したものの、ローマの最高裁判所も女性が他の男性と関係がある証拠はないと認めながらも、婚姻の失効を認める判決を出したようです。

これにより妻は生活費や慰謝料は一切もらえないとのことです。

妻が他の男性との浮気を熟考したことは婚姻の無効に値するとの判断は、今後判例としてイタリアの裁判に大きく影響すると見られています。

婚姻の無効は別れるという意味では離婚に似ていますが、今までのことはなかったことにしようという考え方のようです。

浮気をしなくとも思っただけで婚姻が無効になるとするならば、これから急に無効になるケースが増えていくのかもしれません。

思うことが罪なのか、口に出すのが罪なのかというところにまで発展しそうですが、恋多きイタリア男性には都合のいい判決だという気はします。


http://labaq.com/archives/51522309.html
posted by gossip at 23:57| Comment(0) | おもしろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月09日

棺メーカーが作った、セクシー女性と棺のコラボリック2011カレンダー

 海外の棺メーカーの場合には、売り上げを得るために絶えずしのぎを削っていると予測しているわけですが、そんな中、ポーランドとイタリアの棺メーカーでは、棺とセクシー美女がコラボするというシュールなカレンダーを作成した模様です。


http://www.zaeega.com/archives/51188762.html
posted by gossip at 00:00| Comment(0) | おもしろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月02日

世界で最もイケてる男性はイタリア人男性

 イタリアにいったことのある女性なら、「調査するまでもないわい」と思ってしまうかもしれない調査結果が判明した模様です。

 米メディアの報道によると、世界で最もイケてる男性はイタリア人男性だという調査結果が出たそうです。マーケティング会社が面接と電話によってオーストラリア、ブラジル、カナダ、中国、フランス、ギリシャ、マレーシア、ロシア、南アフリカ、スペイン、イギリス、米国の15歳から64歳の男女合計1万人に対して調査を実施。イタリアは調査国に入っていなかったにもかかわらず、世界で最もハンサムな男性だという結果に。次いで米国、ロシア、ブラジル人男性が続いたそうです。

 調査結果によると、イケメンの条件としてはまず清潔感があること、次に自分に自信があること。さらに20%近くが、振る舞いがスマートで笑顔が素敵であることも重要だと答えたそうです。

 また男性回答者5000人弱に対する自意識調査では、「自分はセクシーではない」と思っている男性が49%に上ったとのこと。ギリシャ人男性の 81%、ロシア人男性の80%、南アフリカ人男性の78%が自身のセクシーさに自信があるのに対し、マレーシア人男性の78%、中国人男性とフランス人男性のそれぞれ60%が自分はセクシーではないしハンサムでもないと考えていることがわかったそうです。

 というかなんというか、自分に自信があるからなのかどうかはわかりませんが、イタリア人男性は女性によく声をかけてくれますよね。どっか良いところを探してほめてくれたりとか、そういう気配りとか文化っていうのが調査結果に現れたのではないかと思います。っとあまり褒められたもんじゃないパルモが言うのもアレですが。


http://www.zaeega.com/archives/51185593.html
posted by gossip at 00:00| Comment(0) | おもしろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月31日

世界一のイケメンは「イタリア人男性」、中国人男性の6割「俺はイケてない」

2010年10月27日、米メディアの報道によると、世界で最もイケてる男性はイタリア人男性だという調査結果が出た。29日付重慶晩報が伝えた。

マーケティング会社が面接と電話によってオーストラリア、ブラジル、カナダ、中国、フランス、ギリシャ、マレーシア、ロシア、南アフリカ、スペイン、イギリス、米国の15歳から64歳の男女合計1万人に対して調査を行った。イタリアは調査国に入っていなかったにもかかわらず、世界で最もハンサムな男性だという結果に。次いで米国、ロシア、ブラジル人男性が続いた。

調査結果によると、イケメンの条件としてはまず清潔感があること、次に自信があること。さらに20%近くが、振る舞いがスマートで笑顔が素敵であることも重要だと答えた。また男性回答者5000人弱に対する自意識調査では、「自分はセクシーではない」と思っている男性が49%に上った。ギリシャ人男性の81%、ロシア人男性の80%、南アフリカ人男性の78%が自身のセクシーさに自信があるのに対し、マレーシア人男性の78%、中国人男性とフランス人男性のそれぞれ60%が自分はセクシーではないしハンサムでもないと考えていることがわかった。

調査スタッフは、「以前同様の調査をアジアでも行ったことがあるが、アジアの男性は一般的にセクシーさや美しさを最重要ポイントとは考えておらず、仕事の能力や知識等を第一と考える傾向がある」と分析している。


http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=46589
posted by gossip at 19:39| Comment(0) | おもしろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イタリアのロトくじ、199億円の大当たり

 イタリアのロトくじ「スーパーエナロット(Superenalotto)で1億7770万ユーロ(約199億円)の当たりが出たとイタリアのANSA通信が報じた。9か月間当選者が出ていなかったため、賞金額が膨れ上がっていた。複数の人が賞金を分け合うが、その人数は明らかになっていない。

 イタリアでは2009年8月に宝くじで1億4780万ユーロという欧州最高額の賞金が出ている。このときは1人で全額を手にした。


http://www.afpbb.com/article/economy/2771048/6394516
posted by gossip at 19:35| Comment(0) | おもしろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月28日

イタリア:すしと宝石 フィレンツェでエレガントさ競演

 イタリア中部、フィレンツェ駅前の目抜き通り。金銀、宝石類を売るブランドショップのショーウインドーに、女性2人が熱心に見入っている。

 中を見ると、家紋を配したミニサイズのびょうぶと日本のひな人形、左隅には握りずしと巻きずしの模型が。すしの脇に、おちょことはしがあしらわれ、それに絡みつくように、店の売り物の指輪、腕輪、イヤリングがちりばめられていた。

 すしはイタリア人にとって今、最もエレガントな食べ物。その人気に乗じ、我が商品もつまんでもらえればという、なかなかワサビの利いたアイデアだ。


http://mainichi.jp/select/world/europe/news/20101029k0000m030021000c.html
posted by gossip at 18:59| Comment(0) | おもしろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「シチリアのロビンフッド」と呼ばれた伝説の山賊、実は死んでいなかった可能性

第二次世界大戦中に山賊となり、金持ちから奪い貧しい人たちに金品や食料を分け与えたことからロビン・フッドにもなぞらえられ、民衆に高く支持された義賊サルヴァトーレ・ジュリアーノ。最盛時には500人の山賊団をしたがえ、シチリア独立運動でも活躍した「シチリアのロビンフッド」は、いまでも地元では英雄視され高い人気があります。

ジュリアーノは1950年に27歳のとき暗殺されたのですが、実は自分の死を偽装してアメリカへと渡ったのではないかと、その死には長年疑惑が持たれてきました。そこで、ジュリアーノの墓に入っているのは本当に彼の遺体なのかを検証するため、墓を開いてDNA検査を実施することになったそうです。

ジュリアーノの生前最後の写真とされている、1949年に山賊団の仲間とともに撮影された写真。中央が「シチリアのロビンフッド」とも「モンテレプレの王」とも呼ばれたサルヴァトーレ・ジュリアーノ、左が右腕的存在のガスパレ・ピッシェッタです。


ジュリアーノの1歳下のガスパレ・ピッシェッタは、ジュリアーノのいとこであるとも幼なじみであるとも言われているのですが、家族のように育った親友同士で、戦争から帰ってきた1945年にシチリア独立運動で活動していたジュリアーノに加わり、山賊団ではジュリアーノの右腕となりました。

シチリア独立運動たけなわの1947年、左翼の台頭をこころよく思っていなかったジュリアーノの一派は、5月1日のメイデーの集会を襲撃し15歳以下の子ども4人を含む11人を殺害、33人を負傷させるというPortella della Ginestra massacre(ポルテッラ・デッラ・ジネストラの虐殺事件)を起こし、それまでのヒーロー的なイメージがくつがえされ、民衆の心は急速に離れていったそうです。

1950年7月5日に、ピッシェッタがジュリアーノを裏切り、寝ているところを射殺したとされているのですが、これはポルテッラ・デッラ・ジネストラの虐殺事件の裁判中にピッシェッタが自白したもので、ジュリアーノはカステルヴェトラーノで起きた銃撃戦でカラビニエリにより射殺されたとする警察の説明とは食い違うものでした。

終身刑を言い渡されたピッシェッタは、山賊やマフィアと警察や貴族・有力者との関係を暴露したため、刑務所でマフィアによる報復を恐れ、父親(山賊活動のため終身刑を受けていた)以外と同房になることを拒み独房へ入ったのですが、1954年2月9日の朝、コーヒーにビタミン剤を混ぜて飲んだところ、激しく苦しみだし、40分後に死亡しました。検視により死因はストリキニーネと判明したそうです。ピッシェッタ殺害の犯人は捕まっていません。

ジュリアーノの母は「ピッシェッタはいつか裏切る」と警告していたそうですが、生前ジュリアーノは「ぼくたちは兄弟のようにお互いを尊敬しあっていて、彼とぼくは同じ人間のようなものなんだ」と母に手紙を書き、ピッシェッタを弁護しています。もしピッシェッタがジュリアーノを殺害したというのが事実であれば、ジュリアーノは最後まで信頼しきっていた親友に裏切られたということになります。

「親友に裏切られ暗殺された悲劇のヒーロー」というイメージや、1962年のフランチェスコ・ロージによる伝記映画「Salvatore Giuliano」(邦題「シシリーの黒い霧)」、ジュリアーノやピッシェッテをモデルとした実名のキャラクターを主要登場人物とするマリオ・プーゾの「The Sicilian」(マイケル・コルレオーネも登場する、「ゴッドファーザー」の外伝的な位置づけの小説)などの作品の影響もあり、死後ジュリアーノの人気は回復し、いまでも多くの人がその墓を訪れます。

しかし、その死に関しては長年の間疑念が持たれていて、警察や憲兵に追われ、マフィアからも命を狙われていたジュリアーノは自身の死を偽装することで逃れ、チュニスへ渡り、のちにアメリカへ移住したのではないかという説も広く信じられてきました。

父親がジュリアーノの山賊に殺害された犠牲者の一人という歴史学者のGiuseppe Casarrubea氏は十数年間におよびジュリアーノの死を調査し、同じく歴史学者のMario Cereghino氏とともに、ジュリアーノとして埋葬された遺体は似ても似つかない別人であるとして証拠の写真などを提出し、2010年10月15日、パレルモの検察庁はジュリアーノとされる遺体と存命のジュリアーノの血縁者とのDNA鑑定を行うことに合意したそうです。墓は現地時間の2010年10月 28日(木)に開かれるとのこと。

DNA鑑定を待つ血縁者の一人、ジュリアーノのおいにあたるというSalvatore Sciortino氏は、「40年以上にわたって叔父の墓に花を供え続けてきましたが、墓に入っているのは一体誰なのか、やっとはっきりします」と語っています。

1922年11月生まれのサルヴァトーレ・ジュリアーノは生きていればもうすぐ88歳になるはずですが、墓に埋葬されているのがジュリアーノではないと判明した場合、まだ存命だとすれば名乗りをあげる可能性もあるかもしれません。


http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20101028_sicilian_robinhood/
posted by gossip at 16:30| Comment(0) | おもしろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月27日

セクシーすぎる名門高校の女教師、過去のセミヌード写真が流出し大騒動に発展

 この騒動は、イタリア、ミラノにある名門校サン・カルロ・カトリックハイスクールに勤務するイレアナ・タッコネリ(Ileana Tacconelli 28歳)がかつて撮影したセミヌード写真を生徒がネットサーフィン中に発見したことからはじまります。

 イレアナ・タッコネリは、その抜群のプロポーションで、「ミス・イタリア」の決勝大会に進んだこともあるほどのナイスな容姿をもつ女性。モデルとして活躍していましたがその後、モデルの夢をあきらめて大学に進学、教師の資格、名門のサン・カルロ・カトリックハイスクールに勤務し3年目となった今となって、かつてモデル時代のセクシーお宝画像を生徒らに発見され渦中の人となってしまった模様です。

 実際に彼女の名前「Ileana Tacconelli」で検索すると、高校生には刺激が強いかと思われるセクシーショットや動画などを誰でも簡単に探し出すことができます。

 これを知った一部の保護者が、せっかく名門校に子どもを通わせているのに、こんな教師がいたのでは子どもの教育上良くないと抗議行動を起こしましたが、学校側は「彼女の資質に問題はない。厳しい試験に合格し、教師としてまじめに頑張っている」と一蹴した為、納得のいかない一部の保護者は子どもを退学させ、メディアに大々的にこのことをリークし、現在にいたるわけです。

 YOUTUBE上のセクシー動画はほぼ消えたものの、他のサーバー上にはまだ残っている模様。

 今回の一件について、タッコネリさんは「3年間ここで教師を務め、これまでは何の問題もなかったのに今になってなぜ?」と困惑を隠し切れない模様。

 また、一部非難を受けているものの、学校側はもちろん、彼女を支持する保護者らも多数いるようで、一部の父親たちは、彼女を守るファンクラブ設立を準備しているとのこと。タッコネリさんはこのまま事態が収束に向かってくれることを心よりのぞんでいるそうです。


http://www.zaeega.com/archives/51183142.html
posted by gossip at 00:00| Comment(0) | おもしろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月22日

美人教師の「過去」を巡り騒動、怒った親が娘退学させるも学校側は擁護。

生徒を指導する立場として、その資質を常に問われる教師たち。子どもを預ける保護者としては、立派な人格者とまでは言えなくとも、せめて子どもの模範となる大人であることを求めるのは当然だろうが、保護者が考える「教師はこうあるべき」像は個々に異なることもあり、なかなか難しい問題だ。イタリアの名門学校では、元モデルの経歴を持つ28歳の女性教師の過去を巡り、ちょっとした騒動が起きた。インターネットにモデル時代のセクシーな写真や動画が流れていることを知ったある保護者が学校側に抗議。保護者の意思で生徒を退学させる事態になったという。

英紙サンやデイリー・メールなどによると、問題が起きたのは、ミラノにある名門校サン・カルロ・カトリックハイスクール。騒動の中心に立たされたのはこの学校に勤めて3年目、28歳の美人教師イレアナ・タッコネリさんだ。過去にモデルとして活動していた彼女はイタリア中部の街で開かれたミスコンテストで優勝し、全国大会に進出した経験もある美貌の持ち主で、大学では教員資格を取り、現在の道に進んだ努力家らしい。

その彼女が騒がれることになったのは、学校の生徒がネットでモデル時代の写真を発見してから。実際、彼女の名前で検索すると、ホットパンツや下着姿など、肌を大きく露出したセクシーな動画や写真をいくつか確認できる。そのため、名門校の教師という立場も手伝い、これを知った保護者の間ですぐに話題となってしまった。

すると12歳の娘を通わせる1人の母親が学校側へ不満を伝えたものの、校長はこれを「彼女の資質に問題はない」と一蹴。結局、納得のいかない母親は子どもを退学させただけでなく、メディアに訴えるという手段を取り、これがイタリア各紙に大きく報道されたため、広く世間に知られる話題になってしまった。この母親は「特に評判の良いサン・カルロに期待していたのに、裏切られた思いだ」と、学校側に不信感を抱いたいう。

今回の一件について、タッコネリさん自身は「3年間ここで教師を務め、これまでは何の問題もなかった」と困惑気味。ただ、モデル時代の写真発覚以降も、学校側やほかの保護者からは支持されているそうで、本人は平静さを保っているようだ。また、校長はタッコネリさんの過去について「すべて知っていた」とした上で、「彼女は当校の教師になるための非常に厳しい条件をすべてパスした」と、教師としての彼女に対する信頼は厚い。

「一部の父親たちは、彼女を守るファンクラブ設立を準備している」(サン紙より)と、心強い味方もいるタッコネリさん。しかしそうした動きに関係なく、「もうこの話が続いて欲しくない」と、教師としてしっかり仕事を続けていきたいようだ。


http://www.narinari.com/Nd/20101014439.html
posted by gossip at 11:21| Comment(0) | おもしろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月18日

伊ロトくじの当選金額、世界最高額に達する 1億6440万ユーロ

イタリアのロトくじ「スーパーエナロット(SuperEnalotto)」の当選金額が15日、1億6440万ユーロ(約185億7000万円)に達した。金塊5トン相当のこの賞金額はイタリアのみならず、世界でも史上最高額という。同ロトくじの過去最高賞金額は、2009年に出た1億4780万ユーロ(167億円)だった。


http://www.afpbb.com/article/economy/2767330/6330207
posted by gossip at 12:07| Comment(0) | おもしろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月13日

イタリアのベルルスコーニ首相の脂肪から作った石鹸がスイスの博物館で展示中

 ロシアのプーチン首相とも仲良しなことでも知られている、自由奔放すぎるイタリアの首相、ベルルスコーニの脂肪から作られたという石鹸が、現在スイスの博物館にて展示中ということなのです。

 整形マニアとしても知られているベルルスコーニ首相。この石鹸は、首相が脂肪吸引をした際に出た脂肪を利用して、アーティスト、Gianni Montiが製作したアート作品。「クリーン・ハンド」と名づけられたこの石鹸は、2005年、バーゼルのアートフェアに出品され、スイス人コレクターにより15000ユーロ(169万円)で落札されました。

 落札者が是非これを皆に見てもらいたいということで、スイス博物館に期間限定で展示したそうですが、実際に使うという選択肢はやはりなかったみたいですね。


http://www.zaeega.com/archives/51176636.html
posted by gossip at 00:00| Comment(0) | おもしろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月29日

ヴェネチアのコンドーム販売機は「別のモノ」も売っている

ヴェネチアはイタリアのなかでも特にロマンチックな街だ。そんな幻想的な街にカップルで旅行をしたら、どうしても必需品となるのがコンドーム。ロマンチックな街で盛り上がれば、きっと思い出の夜になる事だろう。

そんなヴェネチアでも、日本と同じようにコンドーム自動販売機が存在する。しかしヴェネチアのコンドーム自動販売機は日本と違い、別のモノも販売しているのである。コンドーム自動販売機で売っているコンドーム以外のモノ。……もしかして、大人のアレ? そ、そそ、そんなの記事にできないーッ!?

ヴェネチアのコンドーム自動販売機で売られているモノとは、赤ちゃんのおしゃぶり。なんと、コンドームと同じ自動販売機でおしゃぶりを買えてしまうのである!

ほかにも、絆創膏(ばんそうこう)や生理用ナプキン、髭剃り、お泊りセット(歯磨きブラシや歯磨き粉)、妊娠検査薬などを購入する事ができる。つまり、ドラッグストアで売られている医薬品以外のものをコンドーム自動販売機で購入できるというわけだ。

なんとも便利な自動販売機だが、日本人の心理からしてコンドームと一緒に売られている赤ちゃん用おしゃぶりを買うのは抵抗があるかもしれない。ちなみに、ヴェネチア以外の都市でもこの自動販売機があるようなので、イタリア旅行に行った際に探してみるといいだろう。


http://rocketnews24.com/?p=48534
posted by gossip at 00:00| Comment(0) | おもしろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。